エロ動画

AV女優

【さつき芽衣】変態お泊り中出しセックス動画-純朴美少女がエロいフェラや素股から騎乗位や立ちバック&正常位で中出しセックスをする作品。

さつき芽衣の純朴美少女との愛液飛び散る変態お泊りセックス。清楚な美少女のさつき芽衣が古民家で制服を着たまま胸を揉まれてキスを交わし、座位や立ちバックでパンティーを穿いたまま素股をする。男性のズボンを下ろして勃起したチンコを咥えてフェラチオをした後はパンティーを膝上まで降ろされて立ちバックで挿入し、背面座位を挟んで再び立ちバックでそのまま中出し射精され、お掃除フェラの後は「もう一回しよ」と言って部屋に入り、仰向けになった男性のイッたばかりのチンコをフェラしてスカートを捲り騎乗位で挿入。そこから時間を掛けた背面座位、そして四つん這いバックで後ろからガンガン突かれた後、正常位で二度目の中出し。次はお風呂でのセックスシーン。入浴中のさつき芽衣のもとに男性がやってきて胸を揉み、後ろ向きに立たせたり潜望鏡フェラをした後は湯船を出てマットの上でローションまみれでセックスプレイ。ローションまみれのさつき芽衣が男性の身体に美巨乳おっぱいを擦り当て、乳首舐めや手コキ、フェラチオやパイズリ、そして尻コキや69の後は、男性に跨って素股から騎乗位セックスを始める。上下前後に激しく動き、そこから立ちバックと四つん這いバックで後ろからガンガン突かれて大きな声で喘ぎ、最後は正常位で三度目の中出しをされる。次は寝室で布団の上で乳首やオマンコが丸見えのシースルーの透け透け下着姿のさつき芽衣のセックス。下着の上から身体を触られた後、両脚を抱え込む恥ずかしい格好でTバックのパンティーが顕となり、オマンコやアナルをいじられ、足を舐められるさつき芽衣。攻守交代で次はさつき芽衣が男性を責め、ズボンの上から勃起したチンコを足コキを始め、キスや乳首責めからフェラチオという王道の流れで男性を責めた後は、透け透けのTバックパンティーを脱いで騎乗位で挿入。飛び跳ねるような上下の動きや前後のグラインドで悶え感じまくり、アナルが見え隠れする背面騎乗位や四つん這いバックをした後はお決まりの正常位で顔射フィニッシュ。翌朝、キャミソールとショートパンツ姿のさつき芽衣は布団の上でセックスを始める。キャミソールやショートパンツの上から胸やオマンコを触られた後、キャミソール捲られて乳首を吸われ、ショートパンツを脱がされる。横向きで脇や乳首を責められたり、うつ伏せになって美尻を責められた後は男性の勃起チンコを咥えてフェラチオを始める。唾を垂らして手コキをした後は騎乗位で挿入し、体位を横向き騎乗位、四つん這いバックなどと体位を変えて最後はキャミソールを脱いで全裸姿で正常位による四回目の中出しセックスでフィニッシュ。
AV女優

【椎名ゆな】手コキ囁き淫語フェラ人妻中出しセックス動画-男子大学生が隣に引っ越してきた人妻の甘い囁きと誘惑で巣篭もり中出しセックスに溺れていく作品。

ロクに鍵も掛からないボロアパートに住む男子大学生(以下大学生)と隣に引っ越してきたミステリアスな雰囲気の人妻の椎名ゆな。ある日、ドアの開け方が分からず戸惑っている椎名ゆなを助けたところ、翌日お礼をしたいと言って食事に招かれる大学生。するとスプーンを持って大学生に食べさせて、水を飲ませようとして大学生のズボンに溢してしまい、ズボンを脱がせてトランクスの上からタオルで拭く椎名ゆな。耳元で囁きながら話しかけられて思わず勃起してしまった大学生は、椎名ゆなに股間を触られながら耳を舐められたり淫語は耳元で囁かれて興奮し、キスを交わした後はトランクスを脱がされる。反り勃つチンコをフェラチオされて必死に声を抑えながら悶える大学生だが、耳を舐められながら手コキをされて、我慢できずに射精してしまう。翌日、大学へ行こうとしたらアパートの廊下で椎名ゆなにバッタリ出くわし、耳元で昨日の出来事を囁かれ、「まだオチンチン苦しいんじゃないかなぁ〜と思って。癒やしてあげたくなっちゃったの」と言い、大学生の部屋に無理やり入る椎名ゆな。キスを交わし、ズボンを脱がせてフェラや手コキをする椎名ゆなはスカートとシャツを脱いで、下着姿になり大学生に胸を揉ませる。ベロチューをしてオッパイを吸わせ、大学生にパンティーの上から股間を触らせてながらチンコを手コキをして興奮する二人。我慢できなくなった椎名ゆなは「直接触ってみて」と言ってパンティーをズラして手マンをさせて、オマンコからグチュグチュというイヤらしい音を立てながら悶え感じまくる。次は大学生を仰向けに寝かせてフェラや手コキ、耳を舐めたり耳元で淫語を囁き、そしてパンティーを脱いだ椎名ゆなは大学生に跨って顔面騎乗位でオマンコを舐められて気持ち良さそうな声を漏らし、そこから「気持ちよくしてあげるね」と言って騎乗位で勃起チンコを挿入する。上下にゆっくり動いた後は大学生に抱きつく形で耳を舐めたりキスを交わしたりしながら腰を動かし、耐えられなくなった大学生はそのまま椎名ゆなのオマンコの中に中出し射精してしまう。しかしイッた後も勃起したままの大学生は「もう一回・・・」と言うと「いいよ。もっと気持ちよくなってピュッピュッって出して」と言って騎乗位のまま上下前後に激しく腰を動かしながらイッてしまう椎名ゆな。「私もイッちゃった。でももっとしたい。後ろからして」と言って四つん這いになり、後ろから突かれる度に大きな声で喘いだ後、正常位に体位を変えて抱き合いながら二回目の中出し。中出ししてしまったことを謝る大学生だが、「大丈夫。我慢できなかったんでしょ。すっごく気持ちよかったよ。」と言椎名ゆなは続けて「ねえ、これからさぁ、暇な時ここに遊びに来てもいい?」と聞き「はい」と応える大学生。次は大学の講義が長引いていつもより遅くに帰宅すると部屋には椎名ゆなが部屋で待っており、「ドアをノックすると鍵が開いたから入っちゃった」と言うも「勉強するので帰って下さい」と言う大学生。しかし「私がいるとムラムラしちゃうから?そばで見ててあげる」と言って居座る椎名ゆな。すると部屋に置いてあった木製の楽器を鳴らし、「この音聴いてると気持ちよくならない?」と言って大学生の耳元で音を鳴らす。耳に息を吹きかけ、囁いたり舐めたりした後は後ろに回り込んだ椎名ゆなは、服の上から乳首や股間を触り、ズボンのチャックを下ろして勃起したチンコを激しく手コキしながら耳を責める。すると今度は「足でしてあげる」と言って足コキを始め、耳と同時に責められる大学生はイキそうになり、最後は激しい手コキで射精してしまう。旦那さんがいるにも関わらずこんな事をしてしまって大丈夫なのかと尋ねる大学生だが、「ずっと家にいない」と応えると二人はキスを交わして次のシーンへ。次は「今日もいっぱいエッチしよう」と言って大学生の耳を舐める椎名ゆなのシーンから始まり、キッチンでパンティー姿の椎名ゆなが胸を揉まれて立ちバックされたりするシーンが流れ、数ヶ月大学生の部屋で交わり続け、ロクに大学に通わず二人は巣篭もりSEXに溺れてしまい、椎名ゆな無しでは生きていられないくらい依存してしまう。気がつけば単位を落としてしまい留年が決まったことを友人に告げられて焦って勉強する大学生。帰宅した椎名ゆなだが、そこには酔い潰れてソファーで寝ている旦那の姿が・・・。椎名ゆなの帰宅に気づいて目を覚ますが、飲み過ぎを注意すると暴言を吐かれるが、ここで旦那の素性が明らかになる。商社の社長令嬢である椎名ゆなは、その会社の元平社員であった旦那と結婚するも、旦那は会社の金を使い込んでクビになった為、責任を取って離婚するつもりだったが椎名ゆながそれを嫌がったので、別居して一人で住むために借りた安アパートにも「あなたの妻だから」と言う理由で着いてきてしまった。しかし旦那は「オマエも若いんだから他に男を作って好きに生きたらどうだ」と言われてしまう。留年が決まったことを受けて必死に勉強する大学生だが、チャイムが鳴って出ると椎名ゆなが部屋に入るなり「抱いて」と寂しそうに言うが、勉強しないといけないので拒否して「別れましょう」と言うも「別れましょう?何言ってるの?何ヶ月も私と交わったくせに・・・」、「あなたもそういう人なの?一時でも私を本気で好きだったんでしょう」と言って大学生にキスをする椎名ゆな。勉強しないと・・・と拒否するが「今夫が帰ってきているの。壁一枚向こうにいるのよ。声出したら聞こえちゃう」と言って再びキスを交わしてブラジャーをずらし、胸を揉ませたり吸わせたりした後は下着姿になって、互いの股間を触り合い、そして大学生のズボンとパンツを下ろしてフェラチオや手コキを始める椎名ゆな。パンティーを脱いで全裸となった椎名ゆなのオマンコに無心にしゃぶりつく大学生はクンニや手マンで責め続け、グチョグチョになったオマンコに正常位で挿入するが、すぐにイッてしまい中出ししてしまう大学生。しかし「ダメ止めないで」という椎名ゆなに言われて、そのままセックスを続行し、体位を寝バックや立ちバックで後ろからガンガン突かれて、そこから大学生に跨って騎乗位で激しく上下に動かし、ラストは正常位で二度目の中出しでフィニッシュ。そして、ずっと一緒にいることを誓い合う二人は、その後も関係が続き、旦那と離婚した椎名ゆなは大学を辞めて部屋も引き払った元大学生と一緒に生活していく事になったというナレーションで今作は終了。
AV女優

【鷲尾めい】M男と一軒家で3日間過ごして乳首責めやフェラチオからJカップの美巨乳おっぱいを揺らしながらの騎乗位などで責め弄り痴女ぶりを発揮する作品。

鷲尾めいがM男と二人きりで郊外の一軒家で3日間完全放置するというリアル同棲作品。まず最初は今作の撮影後のインタビューシーンから始まり、M男と過ごした2泊3日の感想を語り、約4分後から本編がスタート。用意された一軒家に鷲尾めいとM男が到着して挨拶を交わして飲み物を手にする二人だが、ソファーに座ってまもなく鷲尾めいがM男の乳首を触り、敏感に反応するM男だが、ズボンの上から股間を触られて勃起しているがバレるM男。ズボンとトランクスを脱がされて、あっという間に全裸になったM男は展開の速さに若干戸惑うも「2泊3日なんてあっという間」という鷲尾めいはキスや乳首責め、そして手コキをするが、舐めて欲しいというM男のお願いに対して、焦らしたり可愛くお願いするように強要したり、お笑い芸人のネタを絡ませてお願いするよう強要するなどの痴女ぶりを徐々に発揮していく。「つまらなかったけど頑張ったから・・・」と言って、しょうがなくフェラを始める鷲尾めいだが、「舐められるだけでいいんですか?鷲尾めいのウリって何だと思いますか?」とM男に質問し、「おっぱい」と答えるが、またもお笑い芸人のネタでお願いするように強要するも「可哀想なくらいクソつまらないから挟んであげる」と言ってJカップのオッパイで挟み込んで激しくパイズリをする鷲尾めい。Jカップに美巨乳おっぱいにパイズリされて気持ち良さのあまりに喘ぎ声を漏らすM男だが、ラストは激しい手コキと吸い上げるようなフェラに耐えられずに鷲尾めいの口の中に射精し、「凄い濃いの出た」と言って手の平に精子を出すが、「でももう一発イケるよね。だってまだ硬いし。イケるでしょ」と言って笑みを浮かべながら精子をローション代わりにして激しく手コキを始め、イッたばかりで敏感になっているチンコ責められて、あまりのくすぐったさと刺激に悶えまくるM男は「ダメダメ、ヤバいヤバい、無理です。無理」と言うが、お構いなしに激しい手コキを続ける鷲尾めいは、スカートを脱いでコンドームをM男の勃起チンコに装着して対面座位で挿入。挿入して上下に動く鷲尾めいに悶えるM男だが、そのまま場面が代わって最後まではヤラずに次にシーンへ。次は洗面所で下着を脱いでシャワールームへ移動し、シャワーを浴びると互いにボディーソープを手にして体を洗い合う二人。胸を触り合い、キスを交わし反り立つように勃起しているM男のチンコを手コキしたりしながら仲睦まじくシャワーを浴び終え、バスタオルで身体を拭く二人だが、M男のチンコがまだ勃起しているのを見て手コキを始め、くすぐったさに悶えながらもイタズラに早く身体を服ように指示する鷲尾めい。日付が変わったこともあり寝るためにベッドに移動するが、もう寝かさせて欲しいというM男を責める。次の朝、先に起きた鷲尾めいが、M男を起こそうとするもなかなか起きないのでキスをするも全く起きず、仕方なく布団を剥ぐとM男のチンコは朝勃ちをしており、トランクスの上から触って刺激を与える。「身体は良い感じに起きてるかな」と言ってトランクスを脱がせてフェラチオを始める鷲尾めいは、乳首を舐めたり手コキをしたりしながら「私のも舐めてほしい」と言ってパンティーをずらしてM男の顔の上に跨って顔面騎乗位をする。舐められて気持ちよくなった鷲尾めいはコンドームを取り出して「挿れてもいい?」と言うも、「私のオッパイまだ目が覚めていないから」と言って、イチャイチャしながら胸を揉ませて手コキをするが、カッチカチに勃起したチンコを確認すると「ねぇ挿れてもいい」と言ってコンドームを装着してパンティーを脱いで騎乗位で挿入する鷲尾めい。腰を動かされる度に気持ち良すぎて喘ぎ声を漏らすM男の姿に笑みをこぼす鷲尾めいだが、気持ちが良いところに当たると息が荒くなり気持ち良さそうな声を漏らす。その姿にさらに興奮したM男は我慢できずに早くも騎乗位のままイッてしまい、「ねぇ〜。本当にイッた?早いよぉ〜。これからじゃん」と残念そうにするも「やだぁ〜、もう一回。もう一回しよ。お願い今」と懇願するもイッたばかりなので休憩を求めるM男。しかしヤリ足りない鷲尾めいは、乳首を触って左右に腰を動かし、くすぐったそうにするM男に「何で頑張れないの?そんなダサい男なの?どうなの?」と煽るもイッたばかりなので「もう無理です」と言われてしまい、仕方なく「じゃあ歯磨きする?」と言ってコンドームを外して洗面所に移動。本当のカップルのように仲良く並んで歯を磨く二人だが、先に磨き終えた鷲尾めいがM男の乳首を触り、敏感に反応してしまったM男は勃起しており、それに気づいた鷲尾めいは「もう一回できるじゃん」と言ってトランクスに手を入れて触るも「まだもうちょっと」と言って拒まれる。次はソファーでくつろいでいた二人は散歩に出かけて、M男の提案でパチンコ店で遊んだ後、談笑しながら帰宅し、ベッドに寝かされたM男は乳首責めをされるが、そこで場面が変わり夕飯の準備をするシーンに。料理をしないM男は鷲尾めいにアドバイスを貰いながら試みるも、乳首を触られながらシャツを脱がされ、「油飛んだら服が可哀想」という意味不明な理屈でズボンとトランクスまでも脱がされて全裸でキッチンに立つM男。コンロの前で料理をしているにも関わらず、既に勃起しているチンコを容赦なくフェラ手コキで責める。料理が完成して晩ごはんを食べる二人だがM男は全裸のままで食事をとる。仲良く談笑しながら食事をするが、鷲尾めいに乳首を箸で摘まれて再び勃起して我慢汁を垂らしてしまうM男。手コキをされながらお酒を飲み、キスを交わした後はコンドームを取りに行くようにM男に指示し、ゴムを付けさせた後はズボンを脱いだ鷲尾めいがキッチンのテーブルに手をついてパンティーを穿いたまま後ろから立ちバックで挿入させる。背が低いM男は挿入に苦労しながらも、つま先立ち状態でJカップの美巨乳おっぱいを揉みながら前後に喘ぎながら動くが、動きの悪さに「もっと強く突いて」、「情けないなぁ。お酒飲んだから?」と不満を漏らしながらも仕方がなく「じゃあ私が動く」と言ってM男をソファーに座らせて背面座位で挿入。鷲尾めいによる激しい上下の動きに気持ち良すぎて悶えながらも何とか耐えるが、対面で激しく動かられたM男はイキそうになり、「出ちゃう出ちゃう。ダメ」と言い、それに対して「ねぇ、どんだけ頑張れないの?つまんないよ?」と不満を漏らすがM男を無理やりベッドに連れていき、仰向けに寝かせて騎乗位で挿入。しかし体力のないM男は激しい動きに耐えられず、何度もイキそうになり、ゆっくり動くようにお願いするが、それに不満を抱く鷲尾めいは「じゃあ終わりにする?つまんないし。お疲れ」と言い出し、慌てて謝るM男。「じゃあどうしたら頑張れるの?」と聞くと「自分で動いてみてもいいですか?」と提案するも「嫌だ、どうせすぐイクでしょ」と言われてしまうが、「じゃあ正常位しよ」と言う鷲尾めい。正常位で自分のペースで動くM男だったが、「もっと早く」とせがまれて頑張って動くも、気持ち良すぎてイキそうになって動きが鈍くなり、不満を漏らしながらもしっかり動くようにM男を叱咤激励。しかし、とうとう耐えられなくなったM男はオマンコから慌てて抜いてゴムを外してお腹の上に射精するが、「もぅ、オッパイに出してってイッたじゃん」と言われてしまう。夜、コンビニで買物して帰宅後、お酒を飲んで就寝する二人。朝起きると鷲尾めいがM男を起こすためにフェラチオを始めてイキそうになるが、「おなかすいた。ご飯食べよう」と言ってやめてしまう。もう少しでイキそうだったM男は「もうちょっとでイキそうなので・・・」と言うと手コキする鷲尾めいだが、お腹が空いていたので直ぐに止めてしまい、寸止めをされてしまうM男。その後二人は朝食を作ったり談笑したりしながら過ごすもチャイムが鳴り、撮影終了の指示が出る。しかし、まだスタッフ全員が集まっていない事を知ると、時間が許す限り「ギリギリまでいても平気ですか?あと一回ぐらいエッチしておこうかな」という鷲尾めい。許可が降りて撮影の元でキスを交わしてベッドに仰向けになり、ズボンを脱がされるM男。シャツを脱いで乳首責めや手コキ、パンティーを穿いたままの顔面騎乗位や69をした後はゴムを付けて騎乗位セックスをする二人。キスを交わしたり、おっぱいを吸わせたりしながら、対面座位や四つん這いバックをするが気持ちよさのあまりに限界になり、イキそうになるM男。イキそうだった鷲尾めいは「いいところだったのに。一番いいとこじゃん」と不満を漏らすも、「出す?じゃあ」と言って正常位へと体位を変えてセックスをするも直ぐに限界となったM男はイキそうになり、それを見た鷲尾めいは「イク時ちゃんと言って。口に出して」と言ってラストは鷲尾めいの口に向かって射精。すると鷲尾めいは、口の中に精子を含んだままM男にキスをして精子を口移しして今作は終了。
AV女優

【新井リマ】転校生チンポ特訓フェラ中出しセックスエロ動画-関西弁の転校生リマがクラスの女子にイジメられて勃起する男子生徒ナオキのチンポを育成する学園ストーリー作品。

関西弁が可愛らしい転校生の新井リマがいじめられているクラスの男子生徒を助けてチンポを育成するという作品。ナオキは下校途中に転校生の新井リマと偶然会い、デートみたいな感じで街案内。そんなある日、学校でナオキはクラスの女子グループにイジメられているのに勃起してしまい、それを見たイジメグループの女子は「ナヨナヨしていてるから玉を潰して女に生まれ変わらす」と言ってクラスのサッカー部男子にナオキの玉を蹴って潰すように指示。蹴られそうになるも転校生の新井リマによって助けられ、いじめられて勃起することに疑問を抱くも女子に対しての免疫がない事に気づき、「この間の借りもあるし、私が免疫つけてあげるよ」と言って保健室にナオキを連れていき、ベッドに寝かせてチンコを見せるように指示。抵抗するも新井リマが強引に脱がすが、まだ勃起しているチンコを見て「いつまで勃起してんの?こんなんやから足元すくわれるんやで?」、「もぉ〜情けないな。あんたホンマに男なんやろな?恥ずかしがんなよ。普通こういうのは女の子にされたら喜ぶもんなんやで」、「ホンマに女の子の免疫無さすぎ。私が手伝ってあげる。特訓しよ」と言って勃起したチンコを手コキやフェラを始める。気持ちよさぎて体が反応するナオキの姿を見て女の子と手を握ったこともないことがバレてしまうも気持ち良すぎてイキそうになるも「アカンで。我慢することを今覚えさせるんやから」言ってフェラつ続ける新井リマ。気持ちよくなっているナオキの姿を見て「我慢して。あんたの為やで」と言いながら激しくフェラや手コキを続けて、我慢できなくなったナオキはそのまま射精して濃い精子を出してしまう。しかしその光景を目にした新井リマはイッたばかりのチンコにしゃぶりついてお掃除フェラ。「ありえへん。めっちゃ濃いの出たで。こんなに良いもの持ってて、こんな濃い精子出るのにホンマに勿体ないな君」と言ってフェラを続けるシーンでフェードアウト。次のチャプターではイジメ女子グループにロッカーで新井リマとの関係を問いただされていると、またも新井リマが現れてイジメ女子グループを追い払う。イジメられっぱなしで抵抗しないナオキに呆れながらもキスを交わし、「情けない君の為やで」と言いながら服を脱がしていき、椅子に座らせたナオキのズボンも脱がしてキスや乳首舐めをした後はフェラを始める。手コキやバキュームフェラを繰り返してイキそうになるも「我慢せなアカンで」と言いながらも責め続けられて、我慢できなくなったナオキは手コキで射精してしまう。まだまだ元気なチンコを見て、イッたばかりのチンコをフェラや手コキでお構いなしに責め続けられて、もう無理と言うナオキだが、まだ勃起しているチンコを見て性欲が強いことを指摘して「君の限界知りたくなっちゃったなぁ」と言って場面が変わって新井リマの部屋のシーンに。部屋に入って大丈夫なのか不安になるナオキだが、「あんなの見せられたらこっちだって試したくなる」と言う新井リマはキスを交わしながらベッドに座り、また勃起しているチンコを確認すると「君、女の事知らへんやろ。だからリマが教えてあげよっかなぁと思って」と言ってシャツを脱がして、キスや乳首責めをする。感じているナオキの姿を見て、ズボンとパンツを脱がせて勃起チンコを見ながら「一発抜いたチンコとは思えへんくらいギンギンになってる」、「舐めて欲しそうな目をしてる」と言いチンコに唾を垂らすも「今はこれで我慢な」と言って乳首責め。ヒクヒクしているチンコの亀頭部分をさわさわと触りながらキスを交わし、膝の上に寝起きを寝そべらして乳首を責めながら手コキをした後はフェラ責め。そして新井リマは徐ろにシャツを脱いでブラジャーを見せつけながらフェラを続行し、グチュグチュというイヤらしい音を立てながらのバキュームフェラや手コキをした後、「チンポ以外にもトロトロしているところがある。どこか分かる?」と聞くも分からないナオキのチンコの上にスカートとパンティーを穿いたまま跨る。「ヌルヌルしてるの伝わる?」と聞くが、「ヌルヌルするもんなんですね」と言い「ホンマに何も知らへんなぁ」と言ってナオキの顔の上に跨って顔面騎乗位状態で「パンツ湿ってんの分かる?」と言って強制的にオマンコを舐めさせる。パンティーをズラした状態で69でお互いのドロドロのオマンコやチンコ性器を責め合い、気持ち良さそうな声を漏らしながら「そんな舐めてたらさぁ、ここにチンポ挿れたくならへんの?」と聞き、それに対して「なってるかも」と返すも「挿れたこともないくせに?」と言われてしまうナオキ。「まぁでも君のことやから挿れたら直ぐイッちゃうんじゃない?」と言って69を続ける二人だが、「ホンマに挿れてみる?」と言う新井リマに対して「本当に挿れるんですか?マズくないですか?僕たち学生なのに」という古臭いことを言うナオキに少々呆れながらもパンティーを脱いで跨り騎乗位で挿入。先っぽだけしか挿れてないが気持ち良すぎてイキそうになるナオキに対して「まだアカンで。全部入れるまで我慢して」と言いながら少しずつ挿入していき全部挿れる新井リマ。オマンコの締付けに悶えるも上下にゆっくりと動く新井リマの腰の動きに我慢できずに早くもイッてしまうナオキ。中出ししてしまいオマンコの中でヒクヒクするナオキのチンコをゆっくりオマンコから抜きながら「えぇ〜まだそんなに動かしてへんのに」と残念そうにしながらも「なんか出てきてる」とタラタラとオマンコから流れ出る精子を眺めながら、まだまだビンビンのチンコを見て「まだまだヤろうやぁ」と言って再び騎乗位で挿入する新井リマ。気持ち良すぎて声を漏らすナオキに「またイッちゃうの?アカンで」と言って腰を動かしながら「今エッチしてるんの。だからリマのこと気持ちよくしてよ」と言って騎乗位を続けるも気持ち良すぎて新井リマもイキそうになる。するとスカートを脱ぎ、ブラジャーを外して全裸となった新井リマは背面騎乗位で挿入して腰を前後上下に動かしまがら「もっとしていい?やっぱやめよ。だってまたあんた勝手にイキそうなんやもん」、「こんなに良いチンポなんやったら私だってイキたいやん」と言い、悶え感じながら腰を動かし続けるも「やばっ。待ってヤバいかも・・・あぁイクっ!」と言って身体をヒクヒクさせながらイッてしまい、「やばっ。気持ち良過ぎ」と声を漏らす新井リマだが、ナオキも「出ちゃったかも」と言うと「えぇ!今のでまた出たん?」と驚く新井リマ。最後気持ち良すぎて出てしまった事を告げるも「あぁ〜。多分大丈夫。さっきの残ってたやつちゃう」と言い、次はナオキに「なぁ、動いてみぃや。はいホラ挿れて」と言って正常位で挿入させる。前後に動かれる度に気持ち良さそうな声を漏らす二人だが、「ちょっと僕ヤバいです。」と言うナオキ。それに対して新井リマは「えっダメ。アカンからイッたら」、「あぁ〜そこ。それ気持ちいい。そこ、もうちょっとでイキそうやから」と懇願するも「僕出ちゃう」と言うナオキ。「アカンアカン、イカんといて。もうちょっと我慢して」、「ダメ!ガマンガマン。ダメ!ねぇちょっとダメダメ。イキたい。イカせてよ」と言うも我慢できずにナオキはまたもオマンコの中でイッてしまう。気持ち良すぎて中出ししてしまったナオキに対して「もぉ〜。後ちょっとでイキそうやったのに」と言いながらもイッた直後の敏感なチンコをお掃除フェラ。ビクビクしながら悶えるナオキに対して「ヤバっ。こんなにビンビン」、「もっと磨けば良くなりそうやなぁ」、「もうちょい修行しよ」と言って絞り上げるようなバキュームフェラをしているところで次にチャプターへ。次のチャプターは教室のシーンでナオキに対し、「今日、放課後教室に残ってて。じゃあ後でね」と言って去り、放課後の教室で二人きりのシーンに。机の上に座ってパンティーを見せただけで勃起してしまうナオキに対して「パンツちょっと見せただけでこんなんなってんの?」と聞くと「リマさんが魅力的だから」と返すナオキに対して「へぇ〜。ちょっとは素直になってきたやん」と言い、見つめ合いながらキスを交わす二人。お互いに制服の上から胸や股間を触り合い、積極的になったナオキは新井リマの制服のボタンを外し、舌を絡めたキスを交わしながら胸を揉んだ後は、ブラジャーをズラして美巨乳おっぱいにしゃぶりつく。そんなナオキはリマの乳首を舐めながらスカートの中に手を入れ、パンティーの上からオマンコを触り、次は股間に顔を埋めてパンティーの上から舌で舐め回す。そして更にパンティーを脱がせてクンニでオマンコを直接責めた後は、手マンで責めてオマンコはグチョグチョになり、イキそうになる新井リマ。もう少しでイキそうだったのに止めてしまったナオキに対して「イッてたのに」と不満を漏らすも、ナオキはリマの足を舐め始める。両足の裏や指を舐め回したナオキは制服のシャツとブラジャーを外し、おっぱいに顔を埋めると再び乳首を吸い、キスを交わす。次は新井リマがナオキの制服のシャツやズボン、トランクスを脱がして勃起チンコをフェラする。何とか我慢するナオキに対して、「じゃあもっとしつけてあげる。ワンワンになって」と言われて四つん這いになるナオキ。アナルを舐められながら手コキをされて喘ぎ声を漏らしながらなんとか耐えるナオキだが、ちんぐり返しにされて手コキやフェラで責められ、仰向きでは乳首を責められて悶える。そしていよいよキスを交わして正常位でセックス。突かれる度に気持ち良さそうに喘ぐ二人だが、我慢できなくなったナオキは「ちょっと待って、私もイキたい」と言う新井リマの言葉に反して中出ししてしまう。「またイケへんかった」と不満を漏らす新井リマはナオキを仰向けに寝かせて騎乗位で挿入し、激しく上下や前後のグラインドでグリグリと奥に当たる感覚に悶え感じまくり、「もっとして」と言って四つん這いになり、ナオキに後ろから挿入させる。後ろから突かれて気持ちよくなった新井リマは潮を吹いてしまい、体位を立ちバックに変えて更に奥深くに挿入されて大きな声で喘ぐが、気持ちよさのあまりにイキそうになるナオキに対して「アカン男やろ。もうちょっとでイクから」と言って、後ろから突かれながら潮を吹くが、限界に達したナオキもイッてしまい、またも中出しされる。中出し射精直後の勃起チンコを咥えてグチュグチュとイヤらしい音を立てながらバキュームフェラをしながら「あんなに我慢して出したのに、まだこんなギンギンやで」、「溜まっているもんは全部出した方がいいって言うやん。全部吐き出しちゃいなよ」と言いながら最後は手コキで美巨乳おっぱいに胸射。最後のチャプターはお風呂で椅子に座ってナオキの勃起チンコを石鹸で洗いながら手コキをする新井リマは「このチンポはリマの宝物。」と言うが「チンポだけですか?」聞き返すナオキに対して、「だって角度もここの長さも全部完璧なんやもん。」、「しかも何回でもできちゃうもんね君は」と言って洗いながら亀頭や裏筋を刺激する。泡を追加して両手でチンコや玉を責め、シャワーで泡を流してキレイになった勃起チンコを「いただきます」咥えてフェラチオ。亀頭部分を吸い上げたり、裏筋を舐めたりしながらフェラを続けて、今にも暴発しそうなチンコを更にフェラや手コキで責め上げて、ラストは勃起チンコを握り締める激しい手コキで射精してフィニッシュを迎えて今作は終了。
AV女優

【黒川すみれ】Gカップの美人姉が弟の借金が原因で会社をクビになりコンビニで身を粉にして働くも借金が減らず疲れ切って全てがどうでも良くなって店長や借金を作った弟とも中出しセックスをしてしまう作品。

弟の借金が原因で会社をクビになりコンビニで身を粉にして働くも疲弊して全てがどうでも良くなった姉が援助や時給アップに釣られて中出しセックスをするという黒川すみれの作品。消費者金融から勤務先の会社へ連絡があり、一緒に住む弟がバイトも大学も辞めて、ゲームやギャンブルで消費者金融から多額の借金を負っていることが発覚。それがキッカケで姉の黒川すみれも会社を辞めることに。弟の借金を返済するためにコンビニで働くことになるが、身を粉にして働くもなかなか借金は減らず、その上疲労困憊でミスをしてしまう。そんなある日、会社の元同僚と偶然コンビニで再開し、援助する代わりに身体を求める元同僚。疲労困憊で感覚が麻痺していた姉の黒川すみれは、そのままコンビニのトイレでキスを交わして服を脱がされて水色のセクシーな下着になる。パンティーをずらされてクリトリスやオマンコを舐められ、興奮した元同僚はフェラチオを強要してそのまま口内射精。しかし・・・その行為を防犯カメラで見られており、店長に叱責を受けるが、逆にそれを利用されて肉体関係を迫られるも、お金が必要で援助してもらって行為に及んだことをことを告白。それを聞いた店長は時給アップを条件に肉体関係を迫り、拒めばクビにすることも出来ると脅され胸を揉まれて服も脱がされてしまう。ブラジャーをずらされて乳首を責められ、両手を机についてお尻を突き出した状態でズボンを脱がされてセクシーなパンティーが顕になるも直ぐに脱がされて、お尻を撫で回されたり舐められりした後は、椅子に座らされてM字開脚でオマンコ丸出しでクンニをされる。椅子から立たされて手マンにより潮を吹かされてオマンコはグチョグチョになり、そこから下着を全て脱がされて全裸となった黒川すみれは店長に指示されてカッチカチになった勃起チンコを咥えてフェラチオする。全裸のまま両手を机に置くように指示されて、お尻を突き出した状態で後ろから立ちバックで容赦なく突きまくる店長は椅子に座って背面座位や対面座位へと体位を変えるも、感覚が麻痺している黒川すみれは自ら腰を動かしたり、店長の下からの突き上げで気持ち良さそうに喘いでしまう。そして更に体位を変えて騎乗位でパンパンと音を立てながら上下に動いたり、前後にグラインドしたりした後は正常位で中出しされて終了。店長によってシフトを増やされた黒川すみれは、レジでパンツ見せるように指示してズボンを脱ぎ、パンティーの上から電マを当てられて必死に声を抑えながらもパンティーには染みが滲み出てきてしまい、後ろを向いてお尻を突き出す状態で電マ責め。激しい振動に何とか耐えていたが、パンティーを脱がされて直接オマンコやクリトリスに電マを当たられて必死に堪えるも、次はローターをクリトリスに当てられるも「今日はこれを付けて働け」と店長に言われて、パンティーの中にリモコンローターを忍ばせた状態でレジで客対応をし、店長がイタズラにリモコンでローターを操作されてレジでイッてしまった黒川すみれ。自宅に帰宅後、弟からコンビニでセックスした事を咎められ、「あのコンビニ店員はヤラしせてくれる」という噂が出回っていることを指摘されるも無表情で何も言わず、それどころか「ヤラせろよ、俺にもセックスさせてくれよ」と言ってキスをするように迫るが、「したいならすれば」と以外にも素っ気ない態度をとる姉の黒川すみれ。キスで興奮して我慢できなくなった弟は姉の後ろに回って胸を揉み、服を脱がし、ブラジャーをずらして好き放題に揉みまくった後は、姉を四つん這いにしてズボンを脱がす。Tバックのパンティーが顕になり、おっぱいを揉まれて以外にも感じていた姉のパンティーにはエロい染みが滲み、ソファーに姉を座らせてパンティーを脱ぐように指示。M字開脚状態でオマンコを自ら開き、オマンコが濡れて糸を引く姿に更に興奮した弟はクンニで姉のオマンコを舐めまくり、その後はカッチカチに勃起したチンコを咥えるように指示し、グチュグチュというイヤらしい音を立てながらバキュームフェラ。我慢できなくなった弟が「挿れたい」と言うと姉は「挿れる?」と言い、その言葉を聞いた弟は、「お尻すごく綺麗だから後ろからヤリたい」と言って姉を四つん這いにして挿入。激しく後ろから突かれて喘ぎながら、寝バックや立ちバックへと体位を変えていき、我慢できなくなった弟はそのまま中出ししてしまう。しかしまだまだ興奮が収まらない弟は、「もっとやろうよ。終わりじゃないよ」と言ってソファーに座り、姉を上に乗せて背面座位で挿入し、上下に跳ねるように動いた後は、床に仰向けになった弟の上に跨って騎乗位セックス。キスを交わしたり、上下前後に腰を激しく動かしながら喘ぐ姉の姿に興奮した弟により再び中出しされるが、まだヤリ足りない弟は、そのまま姉を仰向けに寝かせて正常位で挿入し、三度目の中出しでフィニッシュ。
AV女優

【小倉由菜】妊活人妻中出し寝取りセックス動画-性欲も溜まり早く子どもが欲しい妊活中の主婦が近所の既婚男性ばかりを狙って連続中出しセックスをしまくる作品。

小倉由菜が性欲が溜まり早く子どもが欲しい妊活中の嫁を演じる作品。夫の真琴と由菜は新婚夫婦だが、夫が仕事に疲れて中々乗り気になってくれず、セックスレスに悩む由菜。ある日、帰宅後の夫にセックスを迫って「子供作ろう」と言って行為に及ぼうとするも仕事のことや父親になれる自信がない夫は中折れしてしまう。ムラムラした由菜は寝ている夫の横でお酒を飲みながらオナニーで性欲を満たすが、隣に住む性欲を抑えられない夫と妊娠中でその気になれない奥さんとが会話を盗み聞き。次の日、その隣の奥さんが外出した隙に鍵を落としたと言って家に入れてもらい、自身が妊活をしているけど夫が乗り気でないことやマンションの壁が薄くて昨日の会話を聞いていたことを告げ、「奥さんが妊娠してから、ずっとできてなくて可哀想。我慢しているんですよね。」、「昨日も拒まれていたじゃないですか?」、「慰め合いませんか?」と言って迫り、「不倫がバレたら離婚されてしまう」という隣の夫の言葉などお構いなしにキスや乳首責め、フェラチオをする。そして下着姿になった由菜はパンティー越しにオマンコを触らせながら、「こんなに濡れているのに主人はおチンチン挿れてくれないんです。このオチンチンなら受精できそう」といって手コキやパンティー越しにチンコを擦り付けた後は「このオチンチンで妊娠できるかな?」と言ってパンティーを脱いでオマンコを自ら開きながら「この中に勃起したオチンチン、奥までいっぱい挿れてほしいなぁ〜」と言って隣の夫に跨って「もう入っちゃいそうですよ」と言ってキスをしながら対面座位で挿入。「凄い、チンポ奥まで当たってる」と言って腰を動かし、「凄い、このおチンポ子宮までグリグリ当たりますね」と言って男性を寝かせて騎乗位による激しい由菜の動きに耐えられずに中出し射精。しかしチンコを抜いたときに滴る精子を見て「もったいない、濃い精子いっぱい出たのに出てきちゃったらもったいないですよね」、「妊娠するにはもう一回くらい出しておかないと・・・もう一回くらいできますよね」、「だってまだチンコ勃ってる」と言ってソファーに座らせて背面座位で挿入。ブラジャーを外して全裸になった由菜は上下に激しく動き、対面座位に体位を変えてそのまま中出しされて「いっぱい出ましたね」と言ってお掃除フェラ。次のチャプターでは来週の清掃当番を代わって欲しいという阿部さんに対して、「ウチは先週やったんで来週は阿部さんの番ですよ」と言うが、「あなた暇でしょう?子供がいないんだから」、「あなたみたいにやることがないのに家に籠もっている人が羨ましいわ」、「子供を産んで育ててるって女の義務みたいなものだし、私はあなたの代わりにその義務を果たしているんだから掃除くらい代わってくれてもいいと思うんだけどなぁ」という強引な主張をする阿部さんに対して「お言葉ですけどそうゆう言い方はちょっと」と反論したところで阿部さんの旦那(会長さん)が帰宅。子供を迎えに出かけた後、不満そうな由菜の態度に事情を聞いた阿部さんの旦那(以下、会長)は謝罪して「機嫌直してくれないかな?私で出来る事なら何でもやりますから」と言うが、それを聞いた由菜は「何でも?本当に?じゃあ私と子作りセックスして下さい。今ここで」、「だって私バカにされたんですよ?あなたの奥さんに。子供がいないって」、「私だって子供が産める身体だって証明したいの。あなたの精子で」と言うが、「それは旦那さんとやればいいじゃないいですか」と拒む会長。しかし「セックスレスなの」と言い放って強引にキスを交わす。シャツを脱がされて乳首を責められて気持ち良さそうな声を漏らす阿部さんの会長は「うちのカミさんが小倉さんに酷い事したの申し訳ないと思っているんで、本当にすいません。」と再び謝罪するも「許しません」と言って責め続ける小倉由菜。ビンビンに勃起したチンコをズボンから出してフェラをしながら「このチンコで奥さん妊娠させたんですね」、「私も妊娠させてほしいな」と言ってフェラを続ける。下の子供が生まれてからご無沙汰だという話をする会長に対して「じゃあご無沙汰じゃないですか。中出ししたいでしょ?」、「私知ってましたよ。会長さんがすれ違うたびにエッチな目で見ているってこと」と言うと「小倉さんは若くてキレイだから」という会長。「じゃあ私の事、孕ませて下さい。夫には内緒にしますんで」と言って激しくフェラされた会長は「マズイ。それダメ、出ちゃう」と言うと「ダメ。出すならオマンコの中に出して下さい。」と言ってパンティーを脱いで椅子に座っている会長に跨ると「こんな妊娠させてくれそうなオチンチンを見てたら濡れてきちゃいました。挿れちゃいますよ」と言ってオマンコを触らせながら手コキをするが、忘れ物をした阿部さんの奥さんが帰宅して慌てる二人。部屋に入ってきた阿部さんの奥さんは小倉由菜に対して「あら、まだ居たの?暇でいいわね」と言い放ち、旦那(会長)に対しても「ちょっとあなた、何サボっておるの?お風呂入れたの」といって罵声を浴びせる。その態度に「何あの奥さん」、「何逃げているんですか?」と言って続きを始める小倉由菜に、さすがにまずいと思った会長は抵抗するも、「続きしよ」と言ってシャツを脱がして、スカートを脱ぐ小倉由菜。そして手マンや顔面騎乗位をさせた後は手コキや乳首責め、フェラチオで会長を責めながら「許して欲しいと思うんだったら私に中出しして下さい」、「何でもするってさっき言ったのは会長さんですよ」と言ってズボンを脱がす。ソファーに寝そべっている会長の上に跨って全裸になった小倉由菜が勃起チンコを擦りながら素股を始め、胸を揉ませながら「許して欲しい気になってきました?」と言い、それに対して「本当にすいません。それ以上動いたら出ちゃう」という会長。しかし「ダメ出しちゃ。出す時は私の中に出して下さい。」、「何でもするって言ったでしょ」、「ほら舌出して」と言ってキスを交わし、乳首を責められて感じている会長に対して「変態。その変態チンポで私の事を孕ましてくださいよ」と言って、そのまま騎乗位で挿入。ご無沙汰で溜まっている会長は激しい動きに耐えられずに、直ぐに中出ししてしまうが、立ち上がった時にオマンコから濃い精子がタラタラと垂れた光景を目にした小倉由菜は「こんなに溢れちゃったら妊娠できないかも」と言って精子をチンコに擦り付けて再びセックスを始める。 背面座位で上下に激しく動き、そこから四つん這いバックで激しく突かれた後は正常位で会長に中出しされる。オマンコから流れ出る精子を見て、「やだぁ、温かい精子が流れてきちゃってる。もったいない、全部オマンコの中に入れないと」、「会長さんの精子、温かくて勢いがあって、私本当に妊娠できたかも」と嬉しそうに話す小倉由菜に対して「久しぶりだったんで」と言う会長。すると「久しぶりだったから?もう一回ぐらいできたりします?確実に妊娠したいんです私」と言って、奥さんが帰ってくる事を心配して抵抗する会長に対して「大丈夫、もう一回、もう一回」と言ってキスを交わして正常位でセックスをしようと試みるも会長がぎっくり腰で動けなくなり終了。次のチャプターは当番でない小倉由菜が掃除する姿に疑問を抱いた住民との会話シーンからスタート。ぎっくり腰の阿部さんと当番を代わった事とそのぎっくり腰の原因が自分にあることを説明する小倉由菜。掃除をしながら他の旦那による奥さんの愚痴を聞くなり、笑みを浮かべながら「あのぉ〜、良かったらこちらに」、「お一人ずつで、恥ずかしいんで」と言って男性を家に招き入れる。玄関でキスを交わして男性の服を脱がして乳首を舐め、ズボンとパンツも脱がして手コキやフェラチオを始める。激しいフェラに喘ぐ男性に対して「今イキそうになってませんでした?ダメですよ。中に出してくれないと。もっとチンポをギンギンさせて私の中に入れて下さい」と言って更に激しいバキュームフェラによって早くも男性は口の中に射精してしまい、「えぇ〜中に出したかったのに・・・もったいない。」、「これが奥さんを孕ませた精子なんですね」と言って、残念そうにするが、「次の人いるかなぁ、まだ」と言ってドアから外を覗くと「ねえねえ、こっち見てますよ。ほら早く服着て」と笑みを浮かべながら言う小倉由菜。二人目の男性を部屋に誘うと着衣のままソファーの上で騎乗位中出しセックス。最後のチャプターは旦那と旦那の上司である部長を自宅に招いて3人で食事をするシーン。仕事で結果を残した夫は酔い潰れて先に寝てしまい、上司の部長と二人きりになった小倉由菜は妊活の事や旦那とセックスレスになってしまった事を告白し、服を脱いでセクシーな下着姿に。焦る部長だが、小倉由菜に迫られて拒みながらもキスを交わしてシャツを脱がされ乳首を舐められた後、「私どうしても妊娠したいんです。私、妊娠できるはずなんです。子供欲しいのお願い」と言ってソファーに追い込んで更に迫る小倉由菜。股間の上に座って腰を動かす小倉由菜の姿に耐えられず何年もご無沙汰の部長は勃起してしまいズボンとパンツを脱がされてイヤらしい音を立てながらフェラをされる。「このチンポで孕ましてほしいな。お願い。」と懇願する小倉由菜から逃げようとするも捕まってしまい「逃げちゃダメですよ」と言って手コキを始める。イキそうになる部長に対して「ダメですよ、イッたら。イクときは中に出してくれないと」言って再び部長に跨ってブラジャーを外し、股間をチンコに擦り付けながら腰を動かし、おっぱいを吸わせながら軽く赤ちゃんプレイに。そして手コキやフェラをした後はパンティーを脱いで騎乗位セックス。パンパンと音を立てながら激しく腰を動かす小倉由菜の姿に悶えながらも何とか耐えていると部長の電話が鳴る。セックスをやめて自宅から電話に慌てて出るが、小倉由菜はお構いなしに責め続けて手コキや対面座位でセックスを続ける。そんな喘ぐ部長に不審に思った上司の奥さんは浮気を疑って電話を切り、後悔する上司だったが、「これは浮気じゃないですよ。種付け。」と言ってセックスをやめようとしない小倉由菜は更に激しく腰を上下に動かして、それに耐えられなくなった上司はそのまま中出ししてしまう。立ち上がった小倉由菜のオマンコからタラタラと中出しされた精子が垂れ、それを見ながら「凄い。温かい精子がいっぱい出た」と言ってキスを交わすも後悔する上司だが、まだ勃起しているチンコを見て「まだ元気ですよ部長さん。」と言う小倉由菜だが、それに対して「今イッたばかりだから」と返事するも「イッたばかりだからもう一回出せる」と言って部長に強引に跨って背面座位で挿入。お互いに大きな声で喘ぎながら最後も中出しでフィニッシュ。
AV女優

【羽月乃蒼】Hカップ神乳おっぱい素人女子大生セックス動画-Hカップの巨乳おっぱいを揺らしながらパイズリやセックスをするパイパン女子大生の羽月乃蒼AVデビュー作品。

Hカップの美巨乳おっぱいが特徴的な素人女子大学生の羽月乃蒼によるAVデビュー作品。デビュー作ということもあって最初の20分強はインタビューを中心とした内容であり、また顔出しNGということで終始マスクを付けて撮影に挑む羽月乃蒼。男優との初絡みでは服を脱いでブラジャーを外して自慢のボディーHカップを揉まれまくる。乳首を吸われた後はパンティーをずらされてオマンコを指で弄られてクチュクチュというイヤらしい音を立てながら吐息のような喘ぎ声を漏らし、パンティーを脱がされてパイパンオマンコをクンニや手マンをされる。次は男優のパンツを下ろしてフェラチオやHカップのおっぱいでパイズリをした後は正常位で挿入され、そこから爆乳おっぱいを揺らしながらの騎乗位や四つん這いバックで後ろから突かれ、再び正常位に戻ってHカップのおっぱいに胸射される。次のチャプターでは大人のおもちゃの定番でもあるローターで乳首やパンティーの上からオマンコを責められて喘ぎ声を漏らし、パンティーを脱がされて直接クリトリスにローターを当てられて「イッちゃう、イク!」と悶え感じまくる羽月乃蒼。次は男優の勃起チンコを咥えつフェラや自慢のHカップでパイズリを披露した後は正常位でパイパンオマンコに挿入。神乳と言われる美巨乳おっぱいを揺らしながら前後にグラインドする騎乗位を披露し、仰向けに寝そべってパイズリをした後はそのまま正常位でセックスして最後はおっぱいに射精されて自慢のHカップが精子まみれになる。次のチャプターはHカップの美巨乳おっぱいでパイズリをするシーン。キャミソールとパンティーという姿で、キャミをずらして神乳おっぱいの間に勃起チンコを挟んでパイズリ。大きな乳房に包み込まれて気持ちよくなった男優はそのまま射精してHカップのオッパイは精子まみれになる。最後のチャプターは、水着姿で男優二人との絡みになりますが、ここで初めてマスクを取って素顔が明らかに!まずは水着をずらして爆乳おっぱいを揉まれ、クリトリスを指で責められた後は水着を脱がされて手マンでオマンコはグチョグチョに!顔面騎乗位や69で気持ち良きなった後はフェラをしながら立ちバックで挿入され、Hカップの神乳を揺らしながら騎乗位や四つん這いバック。そこからフェラやパイズリをしながらの正常位や対面座位などと体位を変え、ソファーに寝そべってHカップに胸射され、そのまま二人目の男優にも同じように胸射されてフィニッシュ。
AV女優

【清原みゆう】Hカップ巨乳おっぱい全裸セックスエロ動画-ロリ顔Hカップの看護学生の最強シロウト清原みゆうが正常位や騎乗位などでオーソドックスな全裸セックスを披露する作品。

ロリ顔でHカップの巨乳おっぱいが特徴的な看護学生の清原みゆうAVデビュー作品。デビュー作らしく最初の40分はスカウトするまでのドキュメント風インタビューが中心なので、エロシーンはありませんが、キュートな表情と服の上からでもはっきりと分かる大きなオッパイは期待しかありません。チャプター1は服と下着を脱いで全裸になり美ボディーを披露。直ぐに場面が切り替わってベッドに座り、男優との絡みがスタート。キスを交わしボタンを外され、ブラをずらされ柔らかそうな巨乳を揉まれ、スカートを捲られパンティー越しにオマンコを触られる。ワンピースや下着を脱がされて全裸となり、オマンコは糸を引くように愛液でグチョグチョに!クンニや手マンでオマンコの中を掻き回されエッチな声を漏らし、次は男優の勃起チンコを咥えて初フェラを披露。そしていよいよ初めてのセックスシーンはキスを交わしながら正常位でゆっくりと挿入し、対面座位から騎乗位、そして四つん這いバックで後ろからガンガン突かれると再び正常位に戻り巨乳オッパイに胸射。チャプター2はシャワールームで下着姿の清原みゆうと男優が下着姿でキスを交わしてお互いの乳首を舐め、その後は男優のパンツを脱がせて勃起チンコを咥えるフェラチオ。亀頭部分をペロペロと舐めたり太いチンコを咥えて一生懸命フェラをし、自慢のHカップの美巨乳おっぱいにチンコを挟んでパイズリ。柔らかい巨乳おっぱいに挟んで激しく動く清原みゆうのパイズリに耐えられなくなった男優はそのまま胸射してしまう。チャプター3はブルーのワンピースを身に纏った清原みゆうが男優とキスを交わすシーンから始まり、直ぐにワンピースを脱がされ下着姿になる。下着を身に着けたまま胸や股間を責められて吐息のような喘ぎ声を漏らし、そこからブラジャーを外され、パンティーをズラしてクンニや手マンをされた後は男優のチンコにしゃぶりつくフェラチオを披露。ソファーにもたれかかって正常位で挿入し、対面座位や騎乗位で男優の上で巨乳おっぱいを揺らしながら激しく動き、立ちバックや四つん這いバック、ソファーに座った男優の上に座る背面座位。最後は再び清原みゆうがソファーにもたれかかるように座って胸射フィニッシュ。チャプター4はホテルでのシーンからスタート。男優と二人きりでの撮影になりますが、セーターを捲り、ブラジャーをズラされておっぱいを揉まれ、乳首を舐められたり吸われたりした後は全裸でベッドに仰向けに寝そべり、クンニや手マンで喘ぎながらイキそうになる。次は攻守交代で男優の乳首をペロペロと舐め、パンツを脱がせてフェラを始めるが、亀頭を吸い上げるようなフェラに思わず声が漏れる男優。唾液と我慢汁でグチョグチョになった男優のチンコを手コキやパイズリで責め、そして仰向けになった清原みゆうのオマンコに正常位で挿入。そこから体位を変えていき、Hカップの巨乳を大きく円を描くように揺れ動かしながら激しく腰を動かす騎乗位、後ろからガンガン突かれるたびに声を漏らす四つん這いバック、そしてラストは正常位で口元に射精して今作は終了。
AV女優

【架乃ゆら】立ちバック尻射騎乗位顔射セックスエロ動画-台風直撃で帰宅困難になった介護士が老人に何度もイカされて快楽堕ちしていく作品。

架乃ゆらが介護士として老人男性を介護するが台風によって帰宅困難になってしまう作品。妻に先立たれて一人で生活をしている初老の男性。何もすることがなく公園で暇を持て余していると老人の歩行をサポートする介護士の姿を見て、それに憧れて歩行困難だと嘘をついて、その介護士に介護を依頼し、着替えや食事などの身の回りの世話をしてもらう。そんなある日、台所で後片付けをしていると誤って皿を割ってしまい指を切ってしまう。それを心配して思わず立ち上がって歩いてしまい、嘘がバレることに。謝罪し、経緯を説明して好きだということを告白。しかし我慢ができなくなった老人はいきなりキスをし、強引に犯してしまう。ブラジャーを外して乳首をつまんだり舐めたりし、そしてズボンを脱がせてパンティーの上からオマンコを部分を舐めたり手マンをしたりした後は、そのパンティーをズラして後ろからクンニ。そして勃起したチンコを咥えさせてフェラを強要するとテーブルに押し付けてパンティーを脱がすと、立ちバックで後ろから挿入し、激しい腰つきに悶え感じてしまう架乃ゆら。テーブルの上で正常位に体位を変え、そこから椅子に座って老人男性の上で対面座位でおっぱいを座れたりお尻を揉まれたりしながら無理やり上下に動かされて喘ぎ、背面座位を挟んだ後は再び立ちバックで尻射フィニッシュ。行為の後、台風が直撃してしまい帰宅ができなくなってしまった架乃ゆらはシャワーを浴びようと下着を脱いで全裸になると、老人男性がやってきて体を洗ってあげると言い、一緒にシャワーを浴びる事に。無理やり老人に身体を洗われるが、途中から股間や胸ばかりを責めるように洗われると、タオルを置いて手マンやクンニをされて、我慢できなくなった老人男性は後ろから立ちバックで挿入。次は老人が謝罪をするシーンから始まりますが、「このことは誰にも言いません」と言って老人男性の手を取るとキスを交わしてフェラを始める。激しいバキュームフェラに耐えられなくなった老人男性はそのまま架乃ゆらの口元に射精するが、そこからベッドに移動しておっぱいやオマンコを責められながら体中を舐め回される架乃ゆら。パンティーを脱がされ手マンやクンニ、そしてアナルを舐められて股間がグチョグチョになると、次は唾液と舌が絡んだネットリキスを交わし、フェラや69をした後は正常位で挿入。側位や背面座位、そして四つん這いバックなどと体位を変え、再び正常位になるとそのまま顔射フィニッシュ。翌朝台風は去り、お互いに「帰らないといけませんね」と言葉を交わして架乃ゆらの方からキスや乳首責めを始め、キャミソールを脱いで美乳おっぱいを舐めさせる。老人男性を仰向けに寝かせると再びキスや乳首責めをして、それに耐えられず勃起してしまった老人チンコをフェラ。先っぽから我慢汁を垂らすチンコをフェラや手コキで責めた後、69や手マンで気持ちよくなると、騎乗位で挿入。喘ぎ声を漏らしながら激しく上下前後に動き、そこから背面騎乗位、四つん這いバック、寝バックなどでオマンコの奥を突き上げられて悶え感じまくり、ラストは正常位でがんしゃフェニッシュで今作は終了。
AV女優

【初川みなみ】痴女ソープ大量中出し射精セックスエロ動画-M男専用のソープで無制限に射精や中出しセックスでザーメンを搾り出す!囁き淫語責めバキュームフェラや手コキから手枷拘束泡洗体や目隠しぬるぬるマットプレイ、男の潮吹きや騎乗位中出しなどが堪能できる作品。

初川みなみがM男専用の無制限射精ソープ嬢で射精させまくる作品。ピンクの衣装を身にまとった初川みなみが彼氏目線のアングルで乳首責めをし、そこから囁き淫語責め即尺バキュームフェラで口内射精。次はピンクの衣装を脱いで全裸となり、ソファーに座った全裸のM男に跨ってキスをしながら手コキをする。そしてチングリ返し状態で手コキや顔面騎乗位状態でオマンコを舐めさせながらフェラをした後は、ソファーにM男を座らせて対面座位でオマンコにチンコを擦り付けて素股をし、そのままの体位で挿入。上下に跳ねるような激しい動きに耐えられなくなったM男は初川みなみのオマンコの中に中出ししてしまう。しかし「これで終わりだと思わないで」と言う初川みなみが囁き、背面座位状態で「私のオマンコで掃除してあげる」と言い、勃起しているチンコを尻コキ、素股をしながらキスを交わし、そのままカッチカチになった勃起チンコを挿入。体位を立ちバックに変えた後、「ちゃんと私のオマンコの中で射精して」と言い、ソファーにもたれ掛かるように座って股を開き、ほぼ正常位状態で挿入して激しい腰つきで喘ぎ声を漏らしながら中出し。次はお風呂場でM男を椅子に座らせた状態で両手を後ろで拘束し、泡をおっぱいやオマンコに塗りつけてM男を責める泡プレイ。M男の胸に抱きついて美乳おっぱいを押し当てたり、座っている太ももに跨って前後に動きながらキスを交わす。足の裏でおっぱいを触らせた後は「見て、この肉厚のお尻でシコシコしてあげる」と言って後ろ向きでお尻に泡を付けてそのまま尻コキをする。オマンコに擦れるチンコの刺激でイキそうになると「今度は私のお口できれいにするね」と言ってシャワーで泡を流し、激しい手コキ&フェラで責められるM男は舌でペロペロと舐められながらの手コキによって口元に射精。イッた直後の敏感になったチンコをお掃除フェラした後は、M男を寝かせて「次はどんな方法で射精してもらおっかな」と言って手コキを始める。ゆっくりとした動きや亀頭を掴むように触られ、絞るような動きや激しい上下の動きやに耐えきれず直ぐに射精を迎えてしまう。射精した後も「やめないよ、何回も射精しにきたんでしょ」と言って手コキを続け、M男はクネクネと善がりながら精子ではなく潮を吹いてしまう。次はヌルヌルのローションを体中にたっぷり付けた初川みなみが、マットの上で目隠し&手枷拘束状態のM男にローションをかけて身体を擦り付け、膝裏コキや足コキ、フェラをする。そしてチンコの上に後ろ向きで乗り、ローションのヌルヌルを利用して前後に大きくいて、そのまま尻コキをする。次はM男の拘束を解いて四つん這いにさせ、後ろからチンコを手コキやフェラで責めると次は仰向きに体位を変えたM男を抱きかかえるようにしてキスを交わしながら手コキをする。激しい動きに耐えられなくなったM男は射精してしまうが、「まだやめてあげない」と言って激しくてコキをして、チンコの先を手の平で亀頭責めをされて潮を大量に吹いてしまう。次はマットの上に互いに寝そべり、M男を手コキしながら乳首責めをする初川みなみ。そこから直ぐに騎乗位で挿入して上下に激しく動いたり、抱き合う形で前後に動いてそのまま中出ししてしまうが、「もっと私のこと、気持ちよくして」と言う初川みなみは四つん這いになり、そのままバックで挿入。激しく後ろから突かれるたびに喘ぎ声を漏らし、最後は「中にちょうだい」と言う初川みなみの言う通りに体位を正常位に変えて中出し射精。次は二人で入浴シーンで、湯煎に浸かりながらキスや手コキで勃起するM男。初川みなみが立ち上がって片足を浴槽の縁に乗せて「私のオマンコ舐めて」といって舐めさせる。クンニされて気持ちよくなった初川みなみは「すごい上手。じゃあ今度はお返しに舐めてあげる」と言ってフェラチオを始める。「この勃起おちんぽどうしたい?」、「また私のオマンコに挿れたいんだ」、「じゃあまた、たっぷり中に出してね」と言って、そのまま湯船の中で四つん這いバックで挿入させて、お互いに前後に動く。そこから立ちバックに変えて、M男による突き上げるような激しい動きに大きな声で喘ぎながら「もっと頂戴。中に!」と叫び、その通り中出しされて、オマンコからタラタラと精液が流れ出る。行為を終えて浴槽から出るとバスタオルでM男の身体を拭くとみせかけてフェラ。勃起したチンコを見て「このチンポ、まだまだ絞り足りないみたい」と言ってベッドに誘導して、M男を仰向けに寝かせると騎乗位セックスを始める。前後のグラインドや上下の激しい動きに耐えられずに早々に中出し射精でオマンコから白濁とした精液が滴り落ちる。「ちゃんと中で射精されてる。いっぱい子宮に届いた」と言って終わるかと思ったら次は四つん這いになり「後ろからして、好きに動いて」、「まだできるでしょ?まだ硬いじゃん」と言ってそのまま挿入。「イクッ!もっと腰振って」と言いながら大きな声で喘ぎ、最後は正常位に体位を変えて中出しフィニッシュ。「ほら来て。精子で出たばっかりのオチンチンきれいにさせて」と言ってお掃除フェラをすると敏感になったチンコを手コキ責めで悶えるM男に対して「おちんちんも金玉ももう萎んじゃった?」、「じゃあ、次来るときはもっといっぱい溜めてきてね」、「私が全部搾り取ってあげる。約束だよ」と言って今作は終了。