エロ動画

AV女優

【湊莉久】童貞卒業騎乗位全裸セックスエロ動画-湊莉久が童貞クンの家に訪問して騎乗位や正常位でセックスをして童貞を卒業させてあげるという作品。

童貞クン(18歳・大学生)の部屋に可愛らしい女の子(湊莉久)が訪問して、童貞を卒業させてあげるという企画作品。初体験の相手が人気AV女優の湊莉久ということもあって童貞クンは興奮気味。早速シャワーを浴びる為に互いの服を脱がせ合い、まずは童貞クンがトランクス一枚になると次は湊莉久のワンピースを脱がせて下着姿になり、直ぐにブラジャーとパンティーを脱がせて全裸になる。次は童貞クンのトランクスを脱がせる湊莉久だが、今回のために陰毛を剃ってパイパン状態になっている童貞クンのチンコに驚き、初めて見るパイパンチンコに興奮気味に「私始めて。嬉しい」と笑みを浮かべて浴室に移動。身体を洗い合う湊莉久に身体を洗ってもらう童貞クン。今度はお互いの身体にローションを塗り合い、後ろから抱きつく格好でお尻にチンコをこすりつけて尻コキ状態となり、我慢できなくなった童貞クンは湊莉久のお尻に射精して次はいよいよ布団に移動して初エッチへ。バスタオルを巻いて布団に座る二人だが、童貞クンに枕の下を見るように指示されて見てみると電マがあり、「湊莉久のオナニーが見たい」と言い出すが、最初は恥ずかしい事を理由に嫌がるも仕方なく明かりを消して電マオナニーを始める。M字開脚をして童貞クンに対して「触ってもいいよ」と言ってオマンコを触らせながら電マオナニーを始める湊莉久。喘ぎ声を漏らしながら童貞クンによるクンニと自らの電マで気持ち良くなり、背中を反らしながらイッてしまう湊莉久。次は仰向けになる童貞クンに跨って騎乗位で挿入すると抱き合ったりしながら上下前後に腰を動かし、次は体位を変えて正常位で童貞クンの激しいピストンに喘ぎながら、そのままコンドームの中に大量に射精して童貞クンは無事に童貞を卒業して終了。
AV女優

【紗倉まな】風俗連続中出しセックスエロ動画-知り合いと認定された女が勝手に風俗嬢にされて好き放題強引に抱けるというフェラや騎乗位、そして連続中出しセックスを堪能できる作品。

『知り合いが抱ける風俗EX 勝手に風俗嬢にされたあの子は、強●ご奉仕予約済み♪ 』という紗倉まな&人気同人作家にゅう工房がコラボした作品。男性が知り合いを抱ける風俗へ出向くと文字通り知り合いの女の子である早乙女水奈(紗倉まな)が勝手に風俗嬢として登録されて働かされており、指名後部屋に入ると競泳水着姿で怯えながら立っており、早速胸を揉まれて乳首を吸われるも「やだ何で私・・・でもやらなきゃ、我慢しなきゃ」と言いながら悶える。そこから脚を舐められ、水着をずらして手マンをされると嫌がりながらもネチョネチョになったオマンコから愛液が溢れ出る。それを見た男性は「ここに俺のチンコをズボズボするからね」笑いながら言い、クンニやベロチューをしながら手コキを強要され、手にはチンカスがこびり付き、ベッドに仰向けに寝かされるとチンカスを舐めるように言われ、咳き込みながら舐めると「俺のことどう思う?」と聞いてきた男性に対して「あなたのこと嫌い。めちゃくちゃキモチ悪い」と言い放つと、そのまま水着をずらした状態で正常位で挿入されてしまう。悲鳴を上げる早乙女水奈(紗倉まな)だが、そんなのお構いなしに激しくピストンを続け、嫌いと言われたことに対して、「そりゃどうも。そのキモい奴の精子で妊娠して下さい。」と不敵な笑みを浮かべながら囁き、体位を抱きかかえるような対面座位に変えると、しっかり抱きつくように指示して激しく腰を動かす男性。大きな声で「いやぁ〜」と叫ぶ早乙女水奈(紗倉まな)だが、四つん這いにさせられると自分で水着を捲るように言われてアナル丸見え状態でバックでガンガン突かれて、側位を挟んで最後は再び正常位になると男性は「中出しは可哀想だから止めといてやるか。俺のこと大好きって言ってみろ。そしたら中出しは止めてやる」と言い、それを聞い早乙女水奈(紗倉まな)は絶対言いたくないけど中出しされたくないから仕方なく「大好き、好き、あなたのことが好き」と言うが、好きと言わせる為の男性の策略であり、結局中出しされてしまう。「中出ししたチンコをしゃぶってキレイにしろよ」と言われて渋々お掃除フェラをするも頭を押さえつけられてイマラチオをさせられ、「女の都合など一切考えない不遠慮な強制風俗。オナホ以下の扱いで犯して犯して虐め抜く。しかも相手は知り合いだ。めちゃくちゃ興奮する。」というナレーションの後、口内射精される。しかし男性は「ケツもいくか。ケツ向けろ」と言われて嫌がりながらも再び四つん這いになるとバックで挿入されて大きな声で叫んだところで、「知り合いが抱ける風俗。最高だろ」というナレーションが入って次のシーンへ。翌日、男性は学校で話しかけるも「学校では話しかけないで」と言われてしまうが、「昨晩あのケツを好き放題したと思うと興奮する。また居たら是非楽しませてもらおう。知り合い最高。」というナレーションが入る。場面は変わって夜帰宅途中にこの前ヤッた女の子の母親(紗倉まな)を見かけると「どうも。るみちゃんのお母さんですよね。この前るみちゃんと遊んだんですよ。また遊ぼうと言っといて下さい」と声をかける。気持ち悪い男性に対して、母親の「こんな人と話しちゃダメってちゃんと言わなきゃ」というナレーションが入った後、再び風俗へ。「今日の知り合いは・・・今日知り合いになったママさんで〜す。変態コスがとっても似合っています」というナレーション後、ベッドに座わるママさんである母親(紗倉まな)に対して、男性は軽蔑したような目で見てきたことを嫌味っぽく指摘すると「ごめんなさい」と謝るも仲直りにケツ穴を舐めるように指示する。嫌がりながらもクチュクチュという音を立てながら全裸の男性のアナルを舐め、そしてアナルだけでなく色んなところを舐めるように指示されると体や足を舐めたり、ベロチューをする。その後はるみの母親(紗倉まな)を四つん這いにして両手で女尻を鷲掴みにしてアナルを晒して舐め回すと、そのまま四つん這いバックで挿入し、背面騎乗位や騎乗位、フェラチオをする。最後は正常位で激しい男性の責めに悶えながら中出しされて、お掃除フェラをして終了。次は学生時代のクラスメイトである猫田ミク(紗倉まな)を相手に選んで対面座位や騎乗位、猫ポーズでの立ちバックでセックスをしているシーンがダイジェスト風に流れた後、コンビニでアルバイトをするギャルっぽいメイクをした紗倉まながレジ打ちをしているシーンへ。男性に「かわいいね。」と話しかけられて気持ち悪がる紗倉まなだが、次の場面ではエロい下着姿でベッドに正座し、全裸で椅子に座る男性に接客の態度を注意される。謝罪するも奉仕するように言われて足の裏や指、そしてアナルを舐めさせられ、強引にキスやベロチューを強要されると、今度は男性が紗倉まなの顔や身体、おっぱいや脚を舐め、クンニもされる。そこから再び男性の身体を舐めるように言われて、乳首を中心に上半身を舐めるとローションを使ってサービスするように指示され、仰向けの男性の上にローションを垂らして手でマッサージをするが、「何やってるんだよ。ローションはそうやって使うんじゃないよ」と言われておっぱいにローションをかけられると無理やり抱き寄せられて洗体ローションを強要される。おっぱいを男性に擦り付けるように前後に動くがチンコを責めるように言われておっぱいを擦り当てるが、強引にチンコを咥えさせられてイマラチオ状態でフェラをさせられる。すると男性はフェラをしながらギャルっぽい言葉やポーズを要求し、イマラチオで涙目になりながら応える紗倉まな。次は顔の上に跨って69をするが、パンティーを脱いで騎乗位をするように指示され、嫌がりながらも腰を動かし、背面騎乗位やイマラチオ、そして再び騎乗位でしっかりと動くように言われて前後上下に動き、そのまま中出しされてしまう。お掃除フェラをさせられた後、またも勃起したチンコを挿入するよう男性に言われたので騎乗位で挿入。激しく下から突き上げられ、腰を動かすように言われて前後にグラインドし、そのまま中出しされてしまうが、「まだ勃起しているだろ。チンポが勃起している限りは続けるんだよ。」と言って4回目の騎乗位を始めたところでナレーションが入って今作は終了。
AV女優

【十束るう】パイパンDカップAVデビューエロ動画-現役グラドルがDカップの美乳とパイパンを晒しながら初エッチや初フルヌードだけでなく初ハメ撮りで全裸セックスをするAVデビュー作品。

子役、声優、舞台女優、グラビアアイドルなど、6歳から芸能界で活動してきた渚志帆が名前を十束るうに変えてAVデビュー。最初はAVデビュー作品によくあるインタビューから始まり、これまでの経歴やAVデビューに至るまでの話をした後、服を脱いでフルヌードを披露。Dカップのおっぱいとパイパンオマンコが顕となり、美尻を披露した後は椅子に座って股開く。初フルヌードを披露した後は、いよいよAV初セックスシーンに移り、白の清楚風なワンピースを着た十束るうがベッドに座って男優とキスを交わし、ワンピースを脱がされて下着姿になり、ブラジャーも外された状態で男優にもたれながら股を開かされる。パンティー越しにオマンコを触られて濡れているのを確認されるとパンティーを脱ぐように指示されて胸を揉まれて喘ぎ声を漏らす十束るう。オマンコ丸出しポーズで手マンやクンニをされ、そして男優のチンコを咥えて初フェラチオを披露。69を間に挟んだ後は、正常位で初挿入セックス。気持ち良さそうな声を漏らしながら、四つん這いバックや背面座位、立ちバックなどの後背位で後ろから責められ、騎乗位ではイヤらしい前後のグラインドによる腰の動きを披露し、ふたたび正常位に戻ると顔に精子をぶっかけられる顔射で初セックスは終了。オフショットで趣味のキックボクシングや下着姿による二回目のインタビューシーンでグラビアを始めたきっかけなどを語り、二回目のセックスシーンへ。紺色の下着を身に着けた十束るうはブラジャーをずらされて胸を揉まれて乳首を摘まれ、パンティー越しにお尻やオマンコ部分を触られると、両手を紐で拘束されてローションで濡れた筆で乳首や脇、そして後ろ向きでお尻を責められる。そのまま両手でお尻を揉まれたりオマンコを触られて、ローションをお尻に垂らされるとパンティーをずらしてアナルを晒されてしまう。次は椅子に座ってディルドを渡されると咥えてクチュクチュというイヤらしい音を立てながら疑似フェラをして、そこからパンティー越しにオマンコにディルドを押し当たられ、「次は私からするね」と言って仰向けの男優に跨って「今度は私からやるね」と言うとベロチューや乳首舐め、指を舐めたりお腹あたりを舐めたりした後はトランクスを脱がせてフェラチオを始める。パンティーを自ら脱いで男優に跨ると69でお互いの性器を舐めあって気持ちよくなると、「もう挿れて良い?挿れるね。」と言って騎乗位で挿入。前後に腰を動かしながらブラジャーを外して全裸となり、パンパンという音を立てながら上下に動き、背面騎乗位でも同じく腰を前後上下に動かすと、体位を正常位に変えて、激しい男優のピストンに喘ぎながら最後は口元に精子をぶっかけられる顔射で二回目のセックスは終了。二回目のオフショットでケーキを食べているシーンの後、三回目のインタビューで稽古場が近かったという高円寺周辺を歩きながら当時の稽古や彼氏、アルバイトについて語り、3回目のオフショットで食事シーンなどを挟んだ後、江ノ島で4回目のインタビューシーンへ。江ノ島は一人で考えたり落ち着きたいときによく訪れるという場所だと語り、その後は下着シーンを挟んでデビュー作最後のセックスとなる初のハメ撮りセックスへ。デビュー作最後となる三回目のセックスは初ハメ撮りセックス。ホテルの部屋でハメ撮りについての説明や過去に彼氏と少しだけ経験があるという話の後、カメラマンが男優にカメラを預けて二人っきりとなり、緊張しながらも男優とこれまでの芸能活動についてやAVの撮影などについてインタビューのような形で会話を交わす。初のハメ撮りで二人きりということもあり、恥ずかしがる十束るうに対して男優は下着を見せるぐらいから徐々に慣れさせようとスカートを捲ってパンティーを見せるように指示する。男優は監督からおもちゃを使ってもいいと言われている事を告げると、十束るうはローターを少し使ったことがあると答える。すると男優はローターを持ってきて、十束るうに自分で股間に当てるようにと指示し、キスを交わしながら男優はローターのスイッチを入れ、ピクッと反応する十束るう。ワンピースのボタンを外されてブラジャーが露出し、「恥ずかしい」と言いながらもローターを股間に当ててオナニーを続け、声を抑えながら気持ち良さそうな表情を見せる。ブラジャーをずらされて乳首を摘まれた後、チンコを出してフェラをお願いされたり、服を脱いで下着姿になるように言われる。ソファーの上でお尻を突き出した格好で、Tバックのパンティーをずらされるとお尻を広げられてアナル丸見え状態となり、そこから座ってパンティーを脱がされ、パイパンオマンコが顕になるとクンニや手マンで責められると今度は電マを当たられて喘ぎ声を漏らす。その後男優はソファーに寝そべり、十束るうが再びフェラチオをした後は、ソファーで四つん這いになるように指示されて後ろから勃起チンコを挿入される。喘ぎながらブラジャーを外して全裸でパンパンという音を響かせながらガンガン突き上げられ、ベッドに移動すると騎乗位で前後にイヤらしい腰を動かすグラインドを披露。背面騎乗位や再び四つん這いバックでガンガン突き上げられると、最後は正常位で小刻みに激しい腰つきによって喘ぎ声を漏らしながら顔射される。お掃除フェラやシャワーシーン、そして五回目のインタビューで十束るうのデビュー作は終了。
AV女優

【渚恋生】元宝塚歌劇団Fカップデビューエロ動画-167cmのスレンダーボディーとバレエで磨いた柔らかい身体が特徴的なFカップ美女の清純セックスAVデビュー作品。

元宝塚歌劇団102期生の桜月のあ氏が退団後にAVデビューということもあって大きな話題を読んでいる渚恋生の記念すべきデビュー作品。まずはAVデビューに至った経緯などを含めた10分強のインタビューを行った後、スタジオのベッドに移動してAV初エッチ。キスを交わして花がらのワンピースを男優に脱がされて純白の下着姿になった渚恋生はブラジャーを外されて胸を揉まれたり吸われたりして責められ、そこからパンティーを脱がされて股を開き、恥ずかしい格好でオマンコを触られたり手マンやクンニで責められる。次は男優の勃起チンコを咥えて初フェラを披露。一生懸命フェラをしながら体位を69に変え、いよいよ記念すべきAV初セックスへ。正常位で挿入されて笑みを浮かべたり気持ち良さそうな声や表情を見せてくれたりしながら、四つん這いバックで後ろからガンガン突かれ、騎乗位ではイヤらしく、そして激しく前後上下に腰を動かし、側位を間に挟んだ後は正常位で激しく突かれて最後は口元に顔射されてAV初セックスを終える。撮影終了後に初めてオマンコを舐められてことをスタッフに打ち明け、その後は再びインタビュー心へ。趣味の話や特技であるバレエは3歳から22歳までやっていたという話をした後は場所を変えて初脱ぎを披露。清楚な雰囲気漂う衣装を自ら脱いでいき、ブラジャーやパンティーが顕になるもそれも上から順番に脱いで全裸になる渚恋生。張りのあるFカップのおっぱいと剃り残しのあるパイパンを露となると次は後ろ向きになって形の良い美尻も披露。そして椅子に座って股を広いてオマンコ丸出しや美尻を突き出したり、バレエで培ったY字バランスなどを披露して次にシーンへ。次は紺色の清楚なワンピースを身に纏った男優のデカチンをフェラするシーン。パンツ越しでデカチンを触り、男優がパンツを脱ぐとカッチカチに勃起した反り立つデカチンに驚く渚恋生。そんなデカチンの先っぽや裏筋や竿の横を舐めたりした後は、一生懸命デカチンをフェラして、グチュグチュというイヤらしい音をたってながら吸い上げたり玉を舐めたりする。そして最後は可愛らしい顔に向かって顔射されて終了。次はカメラ目線でのセックスシーン。仰向けに寝そべっている男優の服を脱がせてパンツ一枚にするとベロチューや乳首舐め、そしてパンツを脱がせて手コキ&フェラで責める渚恋生。男優に跨る格好の渚恋生はブラジャーやパンティーをずらされて直接おっぱいを揉まれたり、オマンコを指で責められたりしながら気持ち良さそうな声を漏らし、パンティーを脱ぐと69で互いの性器を舐め合う。そして顔面騎乗位でクンニをされた後は、そのまま騎乗位でゆっくりチンコを挿入。前後のグラインドや上下に小刻みに腰を動かし、背面騎乗位を間に挟んだ後は正常位でFカップのおっぱいに胸射されて終了。撮影の裏側や3歳から22歳まで続けていたバレエの映像を挟んで軟体美BODYを堪能する3回目のセックスシーン。真っ白な清楚感漂うワンピースを着ている渚恋生だが、早速男優に脱がされて純白ブラジャー&Tバックパンティーが顕になると胸を触り、ブラジャーをずらして直接乳首や胸を触られる渚恋生。ベッドに座ってキスを交わし、ブラジャーを外されて乳首を吸われたり揉まれたりした後は、四つん這いになって美尻を揉まれる。そしてTバックパンティーを脱がされて全裸になると仰向けになってバレエで鍛えた柔軟性を活かして大きく股を開き、オマンコ丸出し状態でクンニされる。喘ぎ声を漏らしながら刺激に耐えられずにピクピクと身体を動かし、手マンや立った状態でのクンニの後、男優の勃起チンコを咥えてフェラチオを始める。頬を窄めながらフェラを続け、ベッドに移動すると大きく開脚した状態の正常位で挿入。そして騎乗位や柔軟性を活かしてY字バランスの体位で対面立位。立ちバックや背面騎乗位などと体位を変えていき、最後は大きく股を開いた正常位で顔射されてフィニッシュを迎えてデビュー作は終了。
AV女優

【武田怜香】CAパイズリIカップAVデビューエロ動画-100cmのIカップが特徴的な現役CAの武田怜香が巨乳おっぱいを揺らしながらセックスやパイズリをするAVデビュー作品。

約100cmあるIカップのバストと美巨尻のグラマラスボディーが特徴的な武田怜香のAVデビュー作品。AVデビュー作ということもあって最初はインタビューから始まり、CAを6年ほどやっている話やAVデビューに至るまでの経緯などを13分ほど語り、そこから服を脱いで白のブラジャーとTバックのパンティーが顕になると、男優が登場して後ろから胸を揉み始める。ブラジャーを外されて直接乳首を責められたり、乳房を鷲掴みされたりした後は、椅子に座って男優から電マを乳首やパンティー越しのオマンコに当てられて気持ちよくなりイッてしまう武田怜香。次は男優とベッドの上でAV初エッチとなるシーン。最初と同じく白のブラジャーとパンティー姿の武田怜香は男優とキスを交わし、ブラジャーを外されると乳首を吸われたりパンティーの中に手を入れられて、オマンコを責められたりしながら気持ちよくなり、パンティーを脱いで全裸になると仰向けで股を開いてクンニされる。そこから手マンや電マで責められて喘ぐ武田怜香だが、膝立ちの格好にされて再び手マンで潮を吹いてしまい、次は男優の乳首を舐め、カッチカチに勃起したチンコをフェラをするとIカップの谷間に挟んでパイズリを始める。69で互いの性器を責め合うと、いよいよ正常位でAV初エッチを披露。オマンコを突かれる度にIカップの爆乳オッパイを揺らしながら喘ぎ声を漏らし、体位を四つん這いバックや騎乗位でいい感じに垂れ揺れるIカップを拝みながら再び正常位で巨乳おっぱいに胸射されてAV初エッチ終了。次は青色の下着を身に付けた武田怜香によるパイズリのシーン。ブラジャーを外されてローションを塗られ、胸を揉まれたり乳首を責められたりしながら時よりキスを交わすと次は男優の乳首を舐めたりパンツを脱がせてフェラチオを始める。亀頭部分を舐めたり吸い上げるネットリとしたフェラを披露すると、男優の股の間に座ってIカップの巨乳おっぱいにチンコを挟み込んでパイズリを始める。途中でローションを追加してヌルヌル感が増したパイズリに耐えられなくなった男優はそのまま武田怜香のIカップに射精してAV初パイズリが終了。次は露出面積が広くてエロい下着を身に着けた武田怜香が”年下男性の願望を叶える”というシーン。部屋に入ると小柄な年下男優クンが待っており、武田怜香のようなセクシーで巨乳、そして自分より身長が高い女性が好みだということを告げ、壁際に移動して背を比べる二人。武田怜香のほぼ胸のあたりに年下クンの顔があるほどの身長差があり、そこから年下クンの要求でキスや唾垂らし、そして乳首舐めをすると、その後はベッドに戻ってIカップの巨乳おっぱいを揉みまくったり顔を埋めたりする年下クン。そして膝枕状態で武田怜香のオッパイを吸いながらズボンとパンツを脱いで直接チンコを触って欲しいとお願いして手コキをしてもらう年下クンは「今度はオマンコが見たい」と言って顔面騎乗位状態でクンニを始める。オマンコをしゃぶられて気持ち良さそうな声を漏らす武田怜香は「オチンチンを舐めてもらっていいですか?」という年下クンの要求通りにフェラチオを始める。裏筋を舐めたり、チンコを吸い上げるようなバキュームフェラをした後はIカップの巨乳おっぱいでパイズリをして、我慢できなくなった年下クンは「オチンチンをオマンコの中に挿れたいです」と言い、それに応える武田怜香はそのまま騎乗位で挿入する。キスや乳首舐めを挟みながらIカップの巨乳オッパイを揺らし、「今度は僕が動いてもいいですか?」と言って正常位で挿入して前後に激しく腰を動かす年下クン。小刻みに腰を動かす年下くだんが、我慢できなくなり武田怜香の巨乳おっぱいに向かって胸射して終了。次は一週間後の仕事終わりにホテルで男優と始めての3Pセックスをするシーン。シンガポールから帰国したばかりということもあってトランクケースを転がしながら部屋に入るとパンツ一枚の男優が待っており、早速キスをしながら服を脱がされて乳首を吸われ、そこからスカートを捲って黒のパンストを破られて手マンをされる武田怜香。そこからソファーに移動してクンニや乳首責め、電マ&手マンなどで責められた後は、100cmのIカップの間にチンコを挟んでパイズリ、そして二人の男優のチンコを握って交互にフェラチオを始める。再び電マや手マンで潮を吹き、そのまま立ちバックで挿入されてガンガン後ろから突かれる。そこから対面立位、ソファーに座ってフェラをしながらの対面座位や背面座位、フェラをしながら背面騎乗位や立ちバック、そして最後は二人の男優によって正常位で顔射されて武田怜香のAVデビュー作は終了。
AV女優

【架乃ゆら】制服入浴セックスエロ動画-おじさんに発情されてお風呂で犯されてしまうが徐々に受け入れて立ちバックや騎乗位などでセックスをする作品。

幼い頃から世話になったふた回り上の中年おじさんと毎日30分間の濃密な入浴と性交を繰り返す架乃ゆらの作品。早くに母を亡くして男手ひとつで育ててくれた父親と忙しい時に面倒を見てくれた父親の親友である近所のおじさん。第二の父と思い信頼していたおじさんが発情・・・。ある日、朝食の準備をするところから始まり何気ない日常シーン。架乃ゆらがお風呂に入るために制服を脱いでいるとおじさんが入ってきて無理矢理キスをすると胸やお尻を揉み、手マンや手コキをした後は、パンティーを脱がせて立ちバックで挿入。そこから背面座位や正常位で嫌がる架乃ゆらにセックスを強要して最後は美乳おっぱいに胸射。おじさんに無理やり犯されたことによって落ち込んでベッドに横になっていると、おじさんがやってきて布団を剥いで強引にキスをし、ゆらのことを愛しているおじさんは身勝手な理屈を語り、ショートパンツを脱がせてパンティーの上からオマンコを触る。するとおじさんはパンティーを脱がせて指をオマンコに挿入すると手マン始め、股を開いて美乳オッパイを晒されながら正常位で挿入されて無表情、無抵抗状態になった架乃ゆら。場面は変わり完全無抵抗状態になった架乃ゆらは、おじさんと全裸でシャワーを浴びたり、髪を乾かされるシーンの後、お風呂でフェラチオをする。勃起したおじさんのチンコを咽ながらも先っちょだけ舐め回したり、竿を舐め回したり、吸い上げるバキュームフェラをしたりとおじさんに言われるがままにフェラをする。父親が帰宅するもお構い無しにお風呂で手コキやフェラを強要し、架乃ゆらの口の中に口内射精して終了。酔い潰れた父親の横でおじさんとキスを交わし、そのまま寝室に移動すると足を舐められながらショートパンツを脱がされて四つん這いにさせられると、お尻をパンティー越しに舐め回される架乃ゆら。胸を揉まれ、パンティーを脱いでオマンコを見せるように指示されると、指を挿れられたり、クンニ、フェラ、手コキなどをして互いに気持ちよくなり、対面座位でセックスを始める。そこから騎乗位で上下に動いたり、おじさんによって下から突き上げられたりしながら正常位、四つん這いバック、寝バック、側位などでセックスを展開し、最後は正常位で美乳に胸射されて終了。食事のシーンを挟み、入浴中のおじさんの元へ行き、いつの間にか無邪気に甘えるようになった架乃ゆら。入浴中のおじさんの元へ行き、制服を着たままキスを交わし、フェラをした後、制服や下着を脱いで全裸になる。ボディーソープを身体に塗って洗体を始めると、そこからキスや尻コキ、素股、フェラチオで気持ちよくなる二人。お尻を突き出した形でクンニや手マンをした後、背面座位で挿入し、対面の素股を間に挟みながら対面立位や騎乗位、そして最後は正常位で美乳おっぱいに胸射されてフェニッシュ。
AV女優

【二葉エマ】149cmのミニマム系Fカップおっぱいと剛毛マン毛が特徴的な二葉エマが正常位や騎乗位から立ちバックなどでセックスして潮を吹いたり顔射されたりするAVデビュー作品。

149cmというミニマムボディーでありながらFカップのおっぱいと透き通るような素肌が特徴的な二葉エマのAVデビュー作品。最初の15分ほどはデビュー作品らしくインタビューになりますが、それを終えると服を脱いで純白パンティーとブラジャーの下着姿になる二葉エマ。男優にブラジャーとパンティーを脱がされて陰毛丸出しの全裸になり、男優とキスを交わした後はベッドに座って乳首を吸われたり、オマンコやクリトリスを指やクンニで責められて喘ぎ声を漏らす。そして男優がズボンとパンツを脱いで勃起チンコが露となると早速咥えてフェラを始め、次に仰向きになると正常位で挿入されてセックスを始める。そこから騎乗位、四つん這いバックへと体位を変えていき、最後は正常位に再び戻って美乳おっぱいに胸射して最初のセックスは終了。次は下着姿の二葉エマが男優のパンツを脱がせて勃起チンコを手コキ&フェラで責める。ブラジャーを外して唾を垂らし、Fカップのオッパイに挟んでパイズリを行い、再びフェラで玉を舐めたり、亀頭部分をペロペロと舐める二葉エマ。最後はクチュクチュといういやらし音を立てながら吸い上げるようなバキュームフェラで耐えられなくなった男優は二葉エマに顔射して顔中が精子まみれになって終了。次はベッドの上で二人の男優から大人のおもちゃの定番でもあるローターで責められるシーンからスタート。ショートパンツをズラされてオマンコ部分にローターを当てられ、低い振動音とともに声を漏らし、仰向けに体位を変えて全裸になった後は股を開いてローターをクリトリスに当てられ、もうひとりの男優から乳首を責められて悶え感じまくり、今度はバイブをオマンコに挿入されて、チンコでは味わうことのできない動きと振動で喘ぐ二葉エマ。するとバイブを挿入されたまま電マをクリトリスに当てられて我慢できずにイッてしまう。休憩時間を挟んで男優二人と3Pセックス。ソファーに座る二葉エマは二人の男優と舌を絡めたキスを交わし、ブラウスとブラジャーをずらされて乳首を舐められたち吸われたりしながらパンティー越しにオマンコを責められる。すると今度はパンティーをずらしてオマンコをクンニや手マンで責められて潮を吹き、その後は全裸にされてソファーに横たわり、またもクンニや手マンで責められ、次は二葉エマが男優の乳首を責めたりチンコをフェラで責める。ソファーに座る男優のチンコをフェラしながら、もう一人の男優に立ちバックで挿入され、パンパンとエッチな音を響かせながら責められる。背面座位、対面立位、駅弁などと体位を変え、騎乗位では上下に跳ねるように動き、正常位では二人の男優に顔射されて顔中が精子まみれになる。最後は撮れ高が足りず、ビジネスホテルに場所を移してルームキーを渡され、男優が待つ部屋に一人で向かうことになった二葉エマ。ショートパンツにシャツというラフな格好で抱き合いながらキスを交わすなどのコミュニケーションを取り、ソファーに座った二葉エマのシャツやブラジャーをめくって美巨乳おっぱいを晒し、ショートパンツの隙間からオマンコに指を入れられる。そして服を脱がされてパンティーとブラジャーだけになった二葉エマは手マンをされ、机に両手を突いた格好でブラジャーを外されるとパンティーも脱がされて全裸になるとテーブルの上でM字開脚で手マンで潮を吹く。そして今度は男優のチンコを咥えてフェラを始め、ベッドに移動してから正常位で挿入。激しく突かれて喘ぎ声を漏らす二葉エマだが、場所をバスルームに変えて鏡の前で両手を突き、立ちバックで挿入されると途中で手マンで潮を吹き、そこから立ちバック、四つん這いバックで激しく後ろから突かれる。部屋に戻る二人はベッドの上で騎乗位を始め、上下前後に激しく動き、最後は正常位で激しいセックスをした後、顔射されて今作は終了。
AV女優

【白川ゆず】デカチン超絶ピストン絶頂セックスエロ動画-148cmのDカップミニマムボディー白川ゆずが何度イッても止まらない巨根デカチンによる超絶ピストンでイキまくる作品。

148cmのDカップミニマムボディー白川ゆずがデカチンで何度イッても止まらない巨根デカチンによる超絶ピストンでイキまくる作品。理想のチンコのサイズについて語る白川ゆずの背後からデカチン男優が忍び寄ってパンツを脱ぎ、巨根を咥えさせてフェラを始める。ニーハイソックスと下着姿になった白川ゆずは乳首責めや手マンで責められ、更にパンティーとブラジャーを脱がされてニーハイソックスだけになった全裸になった白川ゆずはオマンコに指を挿入されたりクンニをされたりしながら喘ぎ声を漏らす。再び巨根チンコをフェラすると、いよいよ極太のデカチンを正常位でオマンコに挿入するが、大き過ぎるのでゆっくりと挿入し、子宮に当たるくらい奥深くまで挿入すると大きな声で喘ぎ、そこから側位で激しくガンガン突かれ、騎乗位では前後上下に動き、また男優による下からの突き上げで悶え感じまくる。四つん這いバックでは後ろからの激しいピストンで責められて、そのまま尻射されて美尻が精子まみれになる。次はピンク色の可愛らしい下着を身に着けた白川ゆずが、咥えきれないほどのデカチンをフェラチオするシーン。極太で長いチンコを何とか咥える白川ゆずだが、喉の奥まで激しく突かれるイマラチオでヨダレをまみれになりながらも最後は手コキ&フェラで責めて、舌の上に射精される。次のシーンはメイド風のコスプレで天井から吊るされた紐と手枷によって両手を頭の上で拘束され、二人の男優との3Pセックス。キスをしながら胸を揉まれたり、服を捲られて直接乳首を吸われたりしながら、クリトリスを指で激しく責められてイキそうになるも寸止めされてしまう。クチュクチュというイヤらしい音を立てながら再びクリトリスを指で責められ、そこから天井に吊るされた紐を緩めて座らされると極太デカチンを咥えさせられて、男優二人の巨根を代わる代わるフェラする。拘束を解かれた白川ゆずは仰向けになった男優に跨って騎乗位で挿入すると自ら上下に動いたり、男優によって下から突き上げられたりしながら大きな声で喘ぎイキそうになる。チンコを抜いて立ち上がると後ろからもう一人の男優によって立ちバックで巨根を挿入され、ガンガン突かれながら先程騎乗位をした男優のデカチンも咥えてフェラ。「イッちゃうイッちゃう」と大きな声を上げながら更に後ろから突き上げられる立ちバックから背面騎乗位、再び騎乗位や立ちバック、対面立位、側位、寝バックと体位を変えながら巨根による超絶激ピストンで責められ、最後は正常位で二人の男優から顔射される。最後はデカチン男優3人との4Pセックス。黒色の透けた下着を身に着けた白川ゆずは男優3人から身体中を触られ、おっぱいを揉まれたり、オマンコやクリトリスを指や手マンで責められる。下着を脱がされて全裸になった白川ゆずは、四つん這いになると後ろからオマンコをクンニや手マンで責められながらデカチンをフェラし、顔面騎乗位ではオマンコを責められながら代わる代わる男優の巨根を咥える。3本のデカチンを同時に咥えたりしながら四つん這いバックで後ろから挿入され、激しく突き上げられた後、背面騎乗位、そして後ろに並んだ3人のデカチン男優によって交互に立ちバックで責められる。そこから駅弁や屈曲位などを間に挟み、再び四つん這いバックや立ちバック、正常位や側位、後背位(四つん這いバック、膝立ち後背位、寝バック)や騎乗位などを交互に繰り返し、ラストはデカチン男優3人から正常位で交互に顔射されて今作は終了。
AV女優

【神宮寺ナオ】人妻フェラ騎乗位正常位中出しセックスエロ動画-定額制ハメ放題のレンタル人妻が男と騎乗位や正常位で中出し不倫セックスをする作品。

結婚3年目の人妻ナオは夫の冷たい態度と不倫に悩んでおり、当てつけと寂しさから定額支払えば一ヶ月契約した人妻とハメ放題というサービスの仕事を選ぶ。夫がいるので19時までという制約の中、大木という男を紹介されホテルへ行き、どうして仕事を始めたのかと不審がる大木にナオは「自由になりたかった」と言って、ゆっくりと服を脱いで淡いピンク色のブラジャーとパンティー姿でベッドに横たわる。キスを交わしてブラジャーを外され、オッパイを思う存分揉まれて、身体中を舐めるようにキスをされて感じる神宮寺ナオ。するとパンティーを脱がされて全裸となり、オマンコにしゃぶりつくようなクンニによって喘ぎ声を漏らし、「あの・・・私から何かしなくても大丈夫ですか?」と聞くナオに対して、「えっ!いいんですか?」と返す大木に対して「もちろん何をするお仕事か知らずに来たわけではないので」と言い、大木の服やズボンを脱がせて全裸にして勃起したチンコを咥えてフェラチオを始める。すると大木は「いいですか?」とナオに聞くと「はい」と答えて仰向けになり正常位で挿入。大木の腰の動きに喘ぎ声を漏らし、体位を変えて四つん這いバックや寝バックなどの後背位で後ろからガンガン突かれたり、そこから側位、再び正常位で最後はナオの顔や胸辺りに勢いよく射精。セックスが終わると「あの6時なのでもう帰ります。7時には家にいないといけないので。あの私大丈夫でしたか?」と不安そうなナオに対して「もちろんです」と返す大木。また呼んでもらえることを約束して終了。サービスを提供している会社から電話があり、「昨日の女の子どうでしたか?」と聞かれるも周りに部下がいることもあり「まあまあかな」と答えるも「じゃあ別の客に付けます」と言われて他のプランを紹介されるも、慌てて「昨日の子で、一人でいいです。」と答えて定額お一人様プランを契約。ホテルで再び会う事になった大木と人妻のナオは、互いにまた会えたことを喜び、早速下着姿になるナオだが、いきなり脱ぎ始める姿に少々驚いて戸惑う大木。ベッドに上がるとナオが大木の服を脱がせて、首から順に乳首の手前までキスをし、「店長さんに叱られました。お仕事なんだから自分から積極的にお客様を楽しませなきゃダメだって」と言われたことを告げ、乳首を吸ったり舐めたりする。そこから、お腹や胸、耳や首筋などを舐め回したりキスをした後はズボンとパンツを脱がせて勃起したチンコに唾を垂らして手コキやフェラを始める。裏筋や玉を舐めたり吸ったりした後は、グチュグチュといやらしい音を立てながらバキュームフェラで吸い上げたり、手コキや69で積極的に責め、最後は吸い上げるバキュームフェラに耐えられなくなって、大木はナオの口に射精してしまう。しかし射精直後であるにも関わらず、興奮が収まらない大木はナオに抱きつき、仰向けに押し倒した後、Tバックのパンティーをずらしてクンニしたところで場面が変わる。次は会社のオフィスに呼び出されたナオはPCで仕事をしている大木に服を全部脱ぐように命じられる。「えっ、こんなところで脱ぐんですか?」と戸惑うナオだが、「今日は土曜日なので誰も来ません。いつでもどこでも僕の言うことを聞くのが定額制でしょ。早く脱いで下さい」と素っ気ない感じで言われてしまう。渋々服を脱いでいくナオは下着姿となり横目でチラチラとその姿を見る大木。ブラジャーを外してTバックのパンティー姿になったナオの両手を後ろに回してネクタイで縛り、両胸を揉む大木はナオの「本当に誰も来ないんですか?」という不安そうな声に「さあどうでしょうね。せっかくなので非日常を楽しみましょう」と返事する大木。するとナオをデスクの上に伏せさせて、お尻を突き出す格好を取らせ、首、背中、お尻、耳などをキスしたり舐められたりしながらお尻を触る。そしてナオを椅子に座らせて股を開かせ、乳首を吸いながらパンティーの上からオマンコを触り、パンティーの中に手を入れて手マンする。次は大木が自らズボンとパンツを脱いでイラマチオやフェラでチンコを咥えさせ、最後は舌を出させてナオの口に向かって射精。今度はナオのパンティーを脱がせて再びデスクの上に伏せさせると、そのまま立ちバックで挿入して後ろからガンガンオマンコを突くが、そこで場面が代わって終了。次はホテルで行為を終えて帰ろうとするナオを引き止めて「もう少しいいでしょ」と言って後ろから抱きしめるが「でももう帰らないと」と言って拒むもが我慢できない大木は「直ぐ終わらせますから」と言ってベッドに押し倒して胸を揉む。そしてシャワーシーンに場面が変わり、後ろから抱きしめながら胸を揉み、そのまま立ちバックで挿入して後ろから突かれる度に喘ぐところで場面は次のシーンへ。旦那の帰宅直後に帰ってきたナオは旦那から浮気を疑われる。場面が変わり大木との待ち合わせシーンになり、腕を組んで歩きカフェに移動してくつろぐ二人。そこでナオがこの仕事を始めた理由を「私、浮気がしたかったんです。夫が浮気してて私の事を抱かなくなって、多分私仕返しがしたかったんです。嫌な女ですよね。」と語り、ちゃんとしたお店なら安心だと思って選んだことを告白。そして「大木さん。私と浮気してもらえませんか?その為に今日は私からお誘いしたんです。」と言ってホテルに移動。大木から「定額制の契約を解約します。この仕事をしている女性は色んな理由があると思うんです。でも自分を傷つけるためにこんな事するもんじゃない」と告げられる。すると「優しいんですね。大木さん。」と言ってキスをするナオ。続いて「最初はお仕事として割り切ろうと思ってました。でも私少し楽しんでいたんです。気づきませんでした?嬉しかったんです。たくさん求めてもらって」と大木に語るナオ。二人はキスを交わしてベッドで抱き合い、下着姿になったナオと上半身だけ裸になった大木は互いに乳首を責めたり吸ったりする。パンティー姿のナオは大木のズボンとパンツを脱がしてチンコを触りながら玉を舐め、再びキスを交わすと今度はナオがうつ伏せになりパンティーをずらしてお尻に顔を埋めて舐め回し、パンティーを脱がせて仰向けになるナオのオマンコにしゃぶりつくようにクンニを始める。顔面騎乗位で大木にクリトリスやオマンコを責められて自らも腰を動かして気持ちよくなり、今度は大木の勃起したチンコをフェラで吸い上げるとチンコの上に跨って騎乗位で挿入。抱き合いながら腰を上下に動かし、そこから正常位や四つん這いバックでオマンコをガンガン突かれ、再び騎乗位へと体位を変えて上下前後に激しく越しを動かし、最後は正常位で中出しフィニッシュ。セックスを終えてベッドで抱き合いながら眠る二人はナオの夫からの着信音で目を覚ますが、19時を過ぎていることに気づいて慌ててナオを起こす大木。しかしナオは「いいんです。もう」と言い、それに対して旦那さんが心配しているから帰るように促す大木だが、「嫌です」と言ってナオは大木にキスをする。そこからナオは大木のチンコをフェラを始め、「ダメだよ、止めなさい」という大木に対して「嫌です」と拒否し、電話に出るように促されるもフェラから騎乗位で挿入し、声を漏らしながら上下前後に腰を動かしているところで場面が変わる。自宅で夫が土下座をしているシーンを挟んで、ナオはカフェで大木に離婚協議中だと言うことを告げ、夫よりも気持ちよく、これからもセックス有りで会って欲しいという。それに対して「喜んで」という大木の返事の後、笑みを浮かべるナオのアップで今作は終了。
AV女優

【五日市芽依】クビレGカップAVデビューセックス動画-Gカップでハーフの歯科助手でもある五日市芽依が白衣でのセックスや男優二人と3PセックスをするAVデビュー作品。

脱いだら凄いクビレGカップの可愛いハーフ巨乳歯科助手でもある五日市芽依のAVデビュー作品。最初の17分ほどは歯科助手としての仕事やAVデビューについてのインタビューが中心となり、仕事の休憩時間に待ち合わせてホテルでエッチすることに。白衣のまま現れた五日市芽依とホテルでキスを交わし、男優に少しずつ白衣を脱がされて乳首を舐められたり吸われたりした後は白衣のズボンも脱がされて白いパンティーが顕に。胸を揉まれ、パンティーの中に手を入れられて手マンをされるとパンティーも脱がされてパイパンオマンコ丸出しクンニをされる。そして次は男優の乳首を舐めたり、勃起チンコを咥えてフェラや69をした後は正常位で挿入し、ガンガン突かれる度に気持ち良さそうな表情を見せる。体位を騎乗位に変えて男優に跨って「これ気持ちいい」と言いながら前後に腰をグラインドさせる五日市芽依の激しい動きに射精してしまいそうになる男優。そこから背面騎乗位、松葉崩し、座り側位などと体位を変えていき、最後は正常位で激しく突かれて五日市芽依の口元に射精され、口元の精子をティッシュで拭き、休憩中なので急いで着替えて最初のセックスを終える。最初の撮影から一週間後、ベッドの上で男優との本格的なセックス。キスを交わして少しづつ服を脱がされていき、ブラジャーをずらされて美巨乳おっぱいを揉まれ、黒タイツやスカートも脱がされて下着姿になる。ブラを外されてTバックのパンティーをずらしてアナル丸見えで手マンされ、そしてパンティーも脱がされて全裸でクンニされる五日市芽依。次はトランクスを脱いで全裸となった男優を乳首責めや手コキ&フェラ、そしてパイズリをした後は正常位で挿入。そこから四つん這いバックで後ろからガンガン突かれたり、騎乗位では前後のエロいグラインドを披露し、最後は正常位で美巨乳おっぱいに胸射される。次は短めの白衣と白い網タイツ姿のコスプレでベッドに仰向けに横たわる男優に舌を出させてベロチューを交わした後、トランクス越しにもはっきりと分かるくらい勃起している男優のチンコを触りながら乳首を舐め、そのトランクスも脱がせて勃起したチンコを咥えてフェラする五日市芽依。キスやフェラから手コキやパイズリなどをした後はチンコの先をペロペロと舐めながらの手コキで男優を射精させる。最後のチャプターは男優二人との3Pセックス。黒いセクシーな下着を身に着けた五日市芽依がソファーで二人の男優とキスを交わしたり、下着を付けたまま胸を触られたりクンニで責められて気持ち良さそうな喘ぎ声を漏らす。そしてまずはブラジャーを外されて直接乳首を吸われ、Tバックのパンティーも脱がされて手マンやクンニ、フェラ、69をした後は、ソファーにもたれる五日市芽依に勃起チンコを挿入する。そこから対面座位や四つん這いバック、立ちバックなどで激しくオマンコを突かれたり、騎乗位で前後にイヤらしく腰を動かし、側位や正常位でパイズリ、背面騎乗位・・・など様々な体位で二人の男優から責められた後、最後は正常位で二人の男優から顔射されて今作は終了。